富士川沿いの風景雑多

甲州から駿河まで流れる富士川沿いの様子をお届けします。

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:てんちゃん63
東京の弟さんへ
ようこそお越しくださいましてありがとうございます。
お兄さんとは数年前から音楽の話などでお付き合いさせていただいております。
私は飯富生まれ学生時代の東京生活以外は飯富で暮らしていましたが、結婚して南部に移転しました。
お店は飯富ですので、昼間はここのいます。
曙に帰省の際にが是非お立ち寄りください。
 こうやって、遠くから見てくださっている人がいると思うと、いい加減な記事はかけませんね(笑

>私のとって第二の古里です
嬉しいことを言ってくださいますね〜ありがとうございます。今度曙に登って(登山ではありません)いって写真とって来ます。

http://blog.livedoor.jp/yaseru1/
投稿者:東京の弟
天ちゃん63を今年の春頃から、楽しく読ませてもらっています。住まいも飯富かと思っていましたが、途中で店と住まいが別とわかりました。勤めから帰っていつもの様に天ちゃんを見てみると古里を愛する農夫(兄)と東京にいる弟(私)の事が書かれておりもうビックリしました。家族を呼んで皆で読ませてもらいました。いつも田舎に帰ったような懐かしい気持ちになれる天ちゃん63は・私のとって第二の古里です。
投稿者:てんちゃん63
sumiさんへ
やはり古里(この字は本人希望)がいいようです。
思い出話も聞きました・・それは
「小学生のとき電車に乗って田子の浦(静岡)に行ったとき、初めて海の水を舐めたら想像よりはるかにしょっぱかった」・・と言っていました。
弟さんに連絡するって言ってましたから、見に来てくれると思います。楽しみです。

http://blog.livedoor.jp/yaseru1/
投稿者:sumi
歳を取ると故郷の水や空気が恋しいみたいですね
心のふるさとは思い出一杯やもんね。

今頃の山は緑色の笑い声で賑やかだね

しかし東京に住む弟さんは何歳なのかな
70歳ぐらいで、てんちゃん63のブログページだと
かなり現代的な弟さんですね。


http://kyoto.daa.jp/blog
投稿者:てんちゃん63
rieちゃんへ
山梨の緑は元気に笑ってますよ、今度甲府に来たらお会いしたいですね〜


http://blog.livedoor.jp/yaseru1/
投稿者:てんちゃん63
harumiちゃんへ
山笑う・・いいことばでしょう、秋が山燃える、冬は山眠るなんだって、お返しありがとう♪

http://blog.livedoor.jp/yaseru1/
投稿者:rie
いい言葉ですね〜
「山笑う」
今頃の季節の緑色は、若々しくて一番好きな季節です。
亡くなった父もいつかは甲府に帰りたかったらしい。
故郷はいつまでも忘れられないものなんだな〜と思いました。

投稿者:harumi
山笑う・・・いい言葉だね。
ポスターもいい!
素敵な仲間が集まるんだよね〜
素敵なひとのまわりには・・・。

モナリザのお返し〜♪
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ