スワップ派ファンド

ファンドトレーダーとしてスワップ派ファンドを運営します。

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tomoo
はじめまして。

現在、週末の土、日しか更新していませんので週末だけ見てもらえばと思います。
ここでは、3口座のスワップ専用口座しか公開していませんが、非公開を合わせると7口座ほど運営しています。
ちなみに2005年上半期の売買比率を「2005年第26週全スワップ収入」で公開しています。

2005年スワップ累計約2756000円
ちなみに全利益は約7146000円で
売買益:スワップ益の比率は
439万円:275万円=約6:4

売買比率は上記ですが、理想としては5:5ぐらいがいいと思っています。

擬似ロング、擬似ショートというのは簡単にいうと両建てと思ってもらったらと思います。
スワップ派戦略は常にスワップ貰える側のプラスポジですのでショートしようとすれば両建てになってしまいます。
ショートしたいときスワップ派はなにも両建てすることはないのです。常に買いポジを持っているのでそれを売り玉に利用して売買します。

例えば スワップ派は常に買いポジを持っていますので仮に10枚持っているとしたら+10枚がスクエア、それに短期派はポジなしがスクエア。
ここで1枚ショートすると
スワップ派は10−1=9枚、短期派は−1枚となりますが
擬似ショートの考え方は
買いポジ10枚と擬似的ショート−1枚の両建てと考えています。
つまりスタートの時点が違うのです。スワップ派はプラスポジ側にずれていると思ったらいいと思います。

補足ですが、擬似ショートと擬似ロングの違いはEUR/ZARのようにショート側がスワップもらえる側ですので反対になります。

投稿者:shiba
初めまして。shibaと申します。1ヶ月ほど前にこのサイトを見つけ以来ほぼ毎日拝見させていただいています。現在はスワップ2割/トレード8割の比率で為替取引をしていますが、いずれは比率を逆転させたいと思っています。今後も良質な情報をお願い致します。ちなみにまだ擬似ロングがわかっていません。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ