Mitt liv som invandrare

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2021/1/2

春夏の時点では感染者が少なく、医療機関も余裕があった南スウェーデンにもついに新型コロナの波が襲ってきた。

周辺諸国ではとっくの昔に義務化されている公共交通機関でのマスクの使用がここでやっと必要だと言われるようになり、南スウェーデンのSkånetrafikenは乗客に対して車内でのマスク着用を要請する、とテレビで報道された。

スウェーデンの公衆衛生庁はずっと「マスクは感染防止の効果が少ない」と言い続けていたけれど、ついに降参の時が来たかと思いながら電車に乗ったら…

あれ?? 私ののった車両に座っている乗客はだれもマスクをつけていなかった。


おかしいなー とこの会社のお知らせなどが流れるディスプレイをながめたところ…

あっまたこれか!?

クリックすると元のサイズで表示します

「クリスマスの時期でもお互いに距離をとりましょう。2メートルはあなたの思っているより長い。たとえばクリスマスツリー」

…これ、「距離さえとればマスクはしなくてもいい」という意味なんだろうか?(後で聞いたらマスクの要請を始める時期を遅らせた由。なぜ?わからない。)

たとえばアドベントライト4個分
クリックすると元のサイズで表示します


たとえばおいしい(と書いてある)サフランパン17-18個分
クリックすると元のサイズで表示します


たとえば ハート型ジンジャークッキー(特大)10個分
クリックすると元のサイズで表示します

夏のやつは面白かったけれど、柳の下に二匹目のドジョウはいなかった。
1

2020/12/13

これは二週間前にイナカで撮った写真。先週行った時にはもう牛たちはいなかった。冬は乳牛は放牧しないのだ。また春に会おうね。

クリックすると元のサイズで表示します

気がついたら冬になっていた。

といっても、気温はずっとプラス6-8度を行ったり来たりしていてあまり冬らしくない。寒がりの私にとっては有難いと言えばそうなのだが、雨が多くて暗くて気が滅入る。

8月になってからスウェーデンのコロナによる新たな死者の数がじりじりと下がり始め、もうすぐ六千人を超えてしまいそうだったところで数字が止まり、もしかするとこれで収束するのかもしれない-と多くの人が思っていた。

周囲の国々が感染の第二波に見舞われて対応に追われ始めた時もまだスウェーデンの感染者が増加したという報告はなかったので、もしかしたらスウェーデンだけは免れることができるのかもしれない-と多くの人が思っていた。

-でも、そのような希望的観測はすぐに打ち砕かれ、11月をすぎてからは感染者、重症患者、死者ともに増え続けて死亡者は7500人を超えてしまった。一度は200人まで集会してもOKと行動規制の勧告が緩められていたが、それが8人になり、お年寄りの施設に家族が訪問することも再び禁止になった。

クリックすると元のサイズで表示します

-で、マスクは、というと「マスクをしている方が感染の可能性がある(かも)」というお役所の言葉に後押しされて相変わらずマスク着用の義務はないし、マスクをしている人は少ないままだ。図書館もショッピングセンターもレストランもサウナもカフェも開いている。

期間限定でレストラン等の営業をあらかた禁止し、かなり厳しい取り締まりを行っているデンマークと比べるとスウェーデンの政策はあいかわらず緩い。政府や公衆衛生庁の見解や政策に対する批判も日々目にすることができ、そういう意味では高圧的に行動を規制されているという感覚はない。政府の措置が人権侵害だとしてデモが行われるフランスやドイツとはかなり状況が違うと思う。スウェーデンのやり方にいい点があるとしたら、たぶんそこだ。

そうは言ってもスウェーデンでも今年は家庭内暴力の問題が増えているというし、オンライン授業になったせいでストレスを抱えるようになった学生のことも新聞の話題になっている。社会のサービスが受けられない不法移民は国に帰ろうにも身動きがとれない。助けを必要とする人のためのフリーダイヤルなどが設けられてはいるが、必要な人にその情報がとどいているのかどうかはわからない。

covid19が社会全体にもたらした影響はとほうもなく大きく、ワクチンなどで病気の感染そのものが収まったとしてもあとあとまできっと傷跡が残ることになるだろう…たぶん世界中で。




1

2020/9/29

前回「ゲリラ集団AnonyMouse」について書いた直後のこと。

ルンドに何と三つ目の作品が登場したという話を聞き、「ええっまた??」と驚いていたら同居人が「そりゃそうだろ、ルンドコミューンに雇われているんだから。」としらっと言う。

「えっ」

知らなかった…薬局もレコード屋も地方自治体の注文を受けた作品だったのだ。正体を隠していると思っていたら、コミューンと取引をしていたとは。そしてこれからも各地(もしかすると世界)で注文に応じて作品を作り続けると表明しているのだそうだ。

もうゲリラは卒業したということ?…と思うとちょっとつまらない。

勿論あの細かく美しい手仕事、レトロの雰囲気やあふれるユーモアと遊び心の素晴らしさはこれからも続くだろうし、その仕事にはそれなりの対価が支払われるべきかもしれない。

…でも、「一体何者だろう。次はどこだろう。」というわくわく感が少し覚めてしまって、第三の作品("Hasselnötion"これはたぶんnation学生会館のようなものとねずみの好物ヘーゼルナッツをかけたものだろう)を見に行く気がうせてしまってまだ行っていない。
2

2020/8/14

この夏ルンドに登場して住民をよろこばせてくれたゲリラ芸術家集団? Anonymouseのことを。

_
道沿いの建物の地面に面しているほんの小さい空間にある日突然ミニチュアの店舗や劇場などが出現する。覗き込んだ人はそのレトロな建築と内装の細かさに仰天。この世界の住人はネズミで、店の名前がネズミにちなんだものになっていることが多い。考えてみるとこの名前だってAnonymousのもじりだ。

たいていソーシャルメディアで新作の写真が発表されるのだが、町の名前は書いてあっても正確な場所は伏せてあることが多いので「うーんどこだろう??」と宝探しが開始される。

しばらくすると地区や通りの名前が新聞にのったりSNSにヒントがあげられたりして場所がわかると、大人も子供も大勢が作品を見にやってくる。そして二週間から一か月ぐらいすると作品はあとかたもなく消えてしまうーというのがいつものパターン。このAnonymouseがどこに住んでいる誰で、ふだんは何をしているかなどは全く謎に包まれている。

これまでのところ作品が発表されたのはマルモが多いので、見たときはたいてい写真をとっている。マルモとルンドのほかにストックホルムやヨーテボリ、外国でも活動しているらしい。追っかけしてみたい〜

最近のものから

今月 ルンドのレコード屋(ここで売られるレコードのジャケットコンテストが行われ、エミ―・ワインハウス "Back to Brie"エルトン・ジョンのような眼鏡をかけた"Stilton John"などのアルバムが入賞した。

クリックすると元のサイズで表示します

6月 セミ薬局(白鳥薬局をもじっている ルンド)
クリックすると元のサイズで表示します

インドレストランと古着屋(去年のクリスマス 古着古道具のEmmausをもじっている マルモ)
クリックすると元のサイズで表示します


去年の夏 探偵事務所(マルモ)
クリックすると元のサイズで表示します

上の探偵事務所のポスターに書かれている謎がとけるとここに来られるようになっていた。普通のごみ箱の下の部分がガラス張りのスープキッチンになっていた!(マルモ)
クリックすると元のサイズで表示します

2018年クリスマス 理髪店と中古屋(マルモ)
クリックすると元のサイズで表示します

2017年クリスマス 書店と劇場Teatro Reggiano
クリックすると元のサイズで表示します

2016年12月 レストランとデリカテッセン
クリックすると元のサイズで表示します

4年続けてクリスマスの頃にマルモに来てくれたので、マルモの住人はAnonymouseがクリスマスプレゼントを持ってきてくれたように感じている。今年も来てくれるだろうか。なんとしても来てほしい!
2
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/115 
 

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ