Mitt liv som invandrare

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tongshin
あらっフランスのキャベツも硬いんですか...イメージが崩れます。
蒸してから炒めるという技、ぜひ試してみようと思います。
あと、あれはアルザス料理なんでしょうか千切りにして炒めてからソーセージといっしょにワインで蒸すという二段攻撃でも少し柔らかくなりますね。
投稿者:フランスのM子
フランスのキャベツも固くて、床に落としたらゴン!といいます。
私は、近頃はもっぱら蒸してから使っています。
ざっくり6つくらいに割って、蒸し器に入れて、蒸す。それを保存しておくと、後は普通の(日本の)キャベツと同じ気分で、炒めもの和え物などに利用できるかな。とにかく咀嚼に関する問題だけは緩和します(苦笑)
芯の部分は、薄くスライスしたり細く切ったりして錯覚を生かし、アスパラガス的に利用できますね(トホホ)

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ