Mitt liv som invandrare

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tongshin
ぴかままさん、

ほー親子デザート!
そういえば去年ぴかままさんが「エルダーベリーはほかのベリーと混ぜて煮るとおいしい」とおしえてくださったんですよね。今年は試してみます!そして来年は親子デザート。

エルダーは標準スウェーデン語ではfläderというんですが南部方言ではhylle、デンマーク語ではhyldで、だんだんドイツ語に近づいていくかんじがしますね。
投稿者:ぴかまま
ドイツではこのフリッター、Holunderküchle(ここってウムラウト使えましたっけ?)とかHollerküchleとかいいます。KüchleというのはKuchen(ケーキ)の南部風縮小形。
ソースには秋に作っておいたHollermus(エルダーの実の砂糖煮)を使うのがデフォルトのようです・・・親子丼ならぬ親子デザート(笑)?!
ちなみに私の持っているレシピ本によると、衣にはビールを入れ、ムースはエルダーとラズベリーとを2:1、赤ワインで煮るそうです。
これだと大人の味になるのかもしれませんね(笑)。自分ではまだ作ってみたことがないのです。

http://plaza.rakuten.co.jp/pikachumama/
投稿者:tongshin
poronlihaさん、
花はしばらく温めた牛乳に浸した後で漉してしまうんですけれど、それでも香りが残るんです♪ 咲いているうちに天ぷら試してみます!

にわとこはスウェーデンでも北限が南のほうなのでフィンランドには生えていないかもしれませんね。
投稿者:tongshin
ポプラさん、
あーよかった。「トラバできないなあ」と思っていたんです。文中リンクをしたらうまくいきました。
投稿者:poronliha
この花、食べるんですね。知らなかった・・・無知ですみません!
パンナコッタはパンナコッタ自体にこの花が入ってるってことですよね。なんかこういうのってちょっとおしゃれでいいなー。ルバーブもいい色だしてるし。
これ、絶対てんぷらにするべきですよ!すごくおいしそうな予感がします。


http://poronliha.exblog.jp/
投稿者:ポプラ
トラックバックが無事届きました。
ありがとうございます!
URLも付けて頂いて、お手数おかけしました〜。

http://blog.livedoor.jp/poppetfrance2/
投稿者:tongshin
luntaさん

そのお店の話は聞いたことがあるんですけれど行ったことはありません。でも…もしかするとそのお店の酢漬けニシンのほうがこっちよりも砂糖が控えめでおいしかったりするんじゃないかな??
投稿者:tongshin
ポプラさん
トラックバックありがとうございます!
まだ花が残っているうちに今度はポプラさんみたいにおかずのてんぷらにしようと思います。

考えてみると、スウェーデンに果物などを揚げたお菓子はあまり見かけません。だからフリッターとかベニエみたいな呼び方もないのかもしれません。
投稿者:tongshin
melocotonさん
パンナコッタというよりもちょっと胡麻豆腐風になるんですけどこのクセが好きになりました。

彼女(JJ)のほうからも報告が入っております!おいしいものを召し上がったみたいですね〜〜
投稿者:lunta
先日、赤坂の「ストックホルム」でエルダーベリーフラワーのジュースをいただきましたがおいしかった!この花のコーディアルなんですね。
パンケーキの方は昔ミュンヘンの友達が作って食べさせてくれましたっけ。
「ストックホルム」のスモーガスボードもおいしかったですけど、味はどれくらい本場に近いのでしょう?ニシンのおいしさにめざめました。

http://blog.goo.ne.jp/lunta_november/
1|2

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ