Mitt liv som invandrare

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tongshin
poronlihaさん、

きっとそちらのほうが日照時間は短いんでしょうね…こちらに来るまで「光にあこがれる」という気持ち、ぜんぜん理解できませんでしたが今では「激しく同意」したくなります。
投稿者:poronliha
そうですよね。こっちってやたらキャンドル飾る人多いです。私なんて全然興味ないんですが、フィン人の女の子なんて部屋に飾ってムードだすの好きですから。
暗いから、確かにそういう理由が一番しっくりしますね。

http://poronliha.exblog.jp/
投稿者:tongshin
melocotonさん、
あれーイギリスはとっくにお飾りも解禁だったんですか。こちらはお飾り開始日もクリスマスツリーを片付ける日も決まっています。(そのわりにはけじめのない国民性…)

火遊び、いえ、キャンドル、私も好きです。何と言っても暖かいし!
投稿者:tongshin
tugukiさん、

そうかーアメリカはサンクスギビングがどーんとあって、次がクリスマスイブ、みたいな感じなんですね。 

スウェーデンもクリスマスショッピングの広告の山に埋もれる日々というところは同じです…

下の話、ここのところ新聞で「後ろめたくないクリスマスディナー」とかいってエコ商品の紹介とかが始まっています。なんか、ちょっと違和感アリです。
投稿者:melocoton
こちらはもう飽きた、と言うぐらい前からクリスマスムードです(笑)。

北欧のキャンドル使い大好き。
よくミーティングのときでもお客さんがわざわざろうそくをたくさんともしてくれて嬉しかったのです(←私実はpyromaniaです 汗)。

http://melocoton1.exblog.jp
投稿者:tuguki
あ〜っ、もう、アドベントなんですね。
1歩、1歩、クリスマスに近づいていく感じ、素敵ですよね。

アメリカは...わたしの知る限りではアドベント行事はほとんど行われず、ただひたすら、センスの悪いクリスマスソングと、アホのようなクリスマスショッピングの話題が続きます。

 ↓ のような話にぶつかると...命をいただいて生きることの問題を思い出し、答えの出ない迷路に迷い込んでしまいます。

http://tuguki3964.exblog.jp/

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ