Mitt liv som invandrare

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tongshin
楽子さん、
壬生菜、大好きな野菜になりました!秋(といってものんびりすると寒くなってしまうので来月あたり)にもまいてみようと思います。
じつを言うと水菜をはじめて食べたのも大人になってからなんです。水菜は東京でもすっかり定着していると思っていたけれど、八百屋さんにあるのは水耕栽培ものだったんですか。畑で育てると白菜みたいな太い株になりますね。毎日浅漬けをポリポリやっています。
投稿者:楽子
壬生菜って冬の野菜のイメージでしたが、そちらだと今頃収穫出来るんですね〜。
そうそう、壬生菜って関東だとほとんど見かけませんよね。
実家の父が壬生菜を作っていたので食べてましたが(サッと湯通しして漬物みたいにしても美味しいです)、そもそも水菜でさえも関東では水耕栽培のものしか出回っておらず、奈良に行って株の大きな、実家で作っているのと同じシャッキシャキの水菜を店で売っているのを見て、あ〜やっぱり土で育てたもののほうがおいしいよな〜と思いました。
スウェーデンで京野菜ってすごいなぁ。

http://rakuko.exblog.jp/
投稿者:tongshin
tugukiさん、
tugukiさんは壬生菜の煮たのよりもマカロニグラタンとかを食べたほうがいいような気がします。いや、壬生菜のグラタンもいけるかも! 
投稿者:tuguki
新鮮、葉物野菜...うらやましすぎます!

ねっ、ねっ、壬生菜の食感と味って...お揚げさんと一緒に薄味で煮るといいでしょう〜〜!

うちも...健気なトマト以外にも、何か、ちょっと育てようかな...。
投稿者:tongshin
poronlihaさん、

どうやら壬生菜は水菜の親戚らしくて味もにていますが、歯ざわりはちょっと違います。

水菜が育てばたぶん壬生菜も大丈夫だと思います。来年はぜひ!
投稿者:tongshin
melocotonさん、

水菜のほうはスウェーデンでもMizunaとして認知されていますが、壬生菜のほうはまったく無名ですね。さっと煮るのがおいしいです!
投稿者:tongshin
yokocan21さん、

ああ〜やっぱり関西ではおなじみなんですね。 このちょっとぴりっとした味と煮てもシャキシャキした歯ざわりがとってもおいしいですね!! 種の袋には秋蒔きできると書いてあったので秋にもう一度蒔いてみようかと思っています。
投稿者:poronliha
壬生菜って初めて聞きました。京野菜なんですね。水菜と似たもののようですが、こっちの方が茎とかがチンゲンサイみたいでいいですね。
水菜、うちも育ててますが、1食で終了しちゃうのが悲しいです。もっと場所があればいいのですけどね。
壬生菜、水菜が育つならいけますよね?種、調達しようかな。

http://poronliha.exblog.jp/
投稿者:melocoton
私も壬生菜って食べたこと無いかも?

京野菜なんでしょうか?
おいしそう!

スウェーデンですくすく育つってところがすごいです!

http://melocoton1.exblog.jp
投稿者:yokocan21
お久しぶりです!
壬生菜〜♪関西ではお馴染みです。
やっぱり、お揚げさんと炊くのが、一番ですよね!うわぁ、食べたいですよ〜。悶えそう。

http://yokocan21.exblog.jp/

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ