Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」

おいでやす!! よぅ来てくれはりました。ここは わきた・けんいち のBlog ですぅ。どうぞ よろしゅうに。

 

CALENDER

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

LINKS


 【IWATE】
 イワテバイクライフ
 イワテライフ日記
 クマゴロウのテリトリー
 懐かし生活雑貨の店
 平孝HomePage

 いわての散歩道
 農家の嫁の事件簿
 ロジデリ
 岩手子ども環境研究所
 ストリームバンク
 The North Angler
 マニハチ
 岩手県立大学
 岩手県庁
 交流居住のすすめ岩手県
 代表・吉成のときどき日記
 森風ブログ
 新米大学教員日記@岩手
 ----------
 【MORIOKA】
 てくり
 流れる雲を友に
 もりおか地域SNS
 藍blogU
 盛岡心情
 盛岡心情2
 盛岡心情3
 桜山人情商店街を応援し隊
 盛岡絶賛系 沢野日記
 ----------
 【MIYAGI】
 Magical-K
 アンはのぼる
 結城登美雄「地元学」
 ----------
 【CHIBA】
 松戸・まちづくり コラボ
 世のため人のために駆け回ろう
 ラブマツ
 とん吉@yossyの日記なのです
 新鮮野菜を極める!!
 珈琲屋めいぷる
 フレンチレストラン 田島亭
 ----------
 【TOKYO】
 Kai-Wai散策
 aki's STOCKTAKING
 My Place
 MADCONNECTION
 af_blog
 Cen’s LoveGarden
 LOVEGARDEN
 谷中M類栖
 N的画譚
 Neontica
 Roc写真箱
 漂泊のブロガー2
 トイミサイル
 みどりの大冒険
 東京クリップ
 らくん家
 う・らくん家
 らっきょ委員会
 アコーディオンデュオ
 『Sarasa』

  bs@web
  かばんやえいえもん
  なかのくみ茜日記
 ----------
 【CYUKYOU】
 アツマールぎふ
 ----------
 【KANSAI】
 勝手にRECOMMEND
 小吹隆文 アートのこぶ〆
 藤野正弘の京都まち暮らし
 ロゼッタへの道
 sociologbook
 MY Favorite Things
 龍谷大学
 関西岩手県人会
 関西宮沢賢治の会
 マイファーム日記
 高槻ジャズストリート
 こぐれ日常
 冬虫仮装館の秘密
 大阪あそ歩
 ----------
 【SHIGA / LAKE BIWA】
 「環境社会学/地域社会論
  琵琶湖畔発」

 大津まち歩記
 学芸員のたまご
 レイクスターズ
 滋賀レイクスターズ
 ブースターズブログ

 びわこJazzフェスティバル
 滋賀県立琵琶湖博物館
 滋賀県庁
 琵琶湖環境科学研究センター
 鰍ンらいもりやま21
 ----------
 【Otsu】
 おおつSNS
 利やん
 大津ジャズフェスティバル
 大津エンパワねっと
  旧大津公会堂レストラン
  NPO法人大津祭曳山連盟
  (株)まちづくり大津
  京阪大津線
  ----------
 【Kyusyu】
 A LIFE IN KUMAMATO
 山田裕一のかかし日記
 ----------
 環境社会学会
 日本社会学会
 日本村落研究学会
 ソシオロジ
 Theoretical Sociology
 Whoso is not expressly included
 内田樹の研究室
 樋口ヒロユキ
 ----------
 週間まちづくり
 地域SNS研究会
 団地百景
 公団ウォーカー
  谷根千ねっと
  ムラアカリをゆく

amazon


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Moon Phases


CURRENT MOON

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:wakkyken
■こんにちは、シゲさん。学芸員の人たちは、職務上、大学の理学部の教員とは違う目的や役割を持っているので、このような学会でいろんな交流ができると、これからのシゲさんの仕事にとってもプラスになるでしょう。

■環境社会学会と比べるとたしかに大きいですね。社会学の世界にも、日本社会学会という3000人規模の大きな学会がありますが(社会学者だったらたいていの人が入る学会)、そちらに似ているかもしれません。

■でも、自由集会という制度はないんですよ。この自由集会って、おもしろいですよね。

■シゲさんは、ひっぱりだこですね!シゲさんがやってきたことが、社会がまさに求めていることですからね。学会を通じて、いろんな分野の皆さんと協働関係をつくることができると思います。がんばってください。ただ、世の中には悪いやつもいるので、変な形で利用されないように注意してください。

■じつは、私も聞きたいものがいくつかあったのですが、今回は残念ながらコメンテータでしたので、それはできませんでした。

■それから、4月からの新しい職場、遊びにいかせてください。
投稿者:シゲ。
昨日は生態学会に来られていたのですね。
いやはやお会いできずに残念でした。

その頃私は、「博物館の生態学」の自由集会に出ていて、色々な学芸員の方の話を聞いていました。そっちも聞きたかったんですが・・・

生態学会の雰囲気は環境社会学会のセミナーと比べると、人数も多いし、規模もでかいと思うので、多分異様な光景に見えたかもしれませんね・・・
最近、私がこの学会で困っているのは、人数多すぎ、発表・シンポ・自由集会多すぎで、なんか「ゆとり」がなくなってきているような気がするのですが・・・

私も今回初日の自由集会で、農業土木学会の方とセッションをさせていただいたのですが、これからは色々な学会とコラボするのも面白いのかもしれませんね。また色々な視点で○○斬り!!をしてくださいね。
投稿者:wakkyken
■「今回は「研究の場面」にも、こういう若い人たちがあらわれてきたわけで、なんとも複雑なおもいでした。」と書きました。

■だんだん歳をとっていくと、特に退職まぎわの先生だと、「働く場面(職場)」にも自分の子どものような世代の教員が入ってくるということになります。某先生、「ほんま、がっかりするわ」(自分が歳をとったことに)という気持ち、今からなんとなくわかります(^^;。
投稿者:wakkyken
■コメントの内容の一部は、以前勤務していたて岩手県立大学総合政策学部にいたときに、行政学を専攻し、政策評価論を専門とする先生のお話しを聞いていて学んだことです。

■自由集会には、地球研の評価委員の先生も来ていましたが、どのうよに思っただろうね。まあ、ようするに、きちんと仕事ができる体制にしてほしいわけですね、私としては。

SINCE 2005/1/21

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

BOOK


   キーワードは
 「階層化された流域管理」

 「環境ガバナンスの社会学」
   『環境社会学研究』

『よくわかる環境社会学』

twitter

facebook

JEDI


JEDI
( Japan Earth Diving Institute)

MESSAGE BOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ