Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」

おいでやす!! よぅ来てくれはりました。ここは わきた・けんいち のBlog ですぅ。どうぞ よろしゅうに。

 

CALENDER

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

LINKS


 【IWATE】
 イワテバイクライフ
 イワテライフ日記
 クマゴロウのテリトリー
 懐かし生活雑貨の店
 平孝HomePage

 いわての散歩道
 農家の嫁の事件簿
 ロジデリ
 岩手子ども環境研究所
 ストリームバンク
 The North Angler
 マニハチ
 岩手県立大学
 岩手県庁
 交流居住のすすめ岩手県
 代表・吉成のときどき日記
 森風ブログ
 新米大学教員日記@岩手
 ----------
 【MORIOKA】
 てくり
 流れる雲を友に
 もりおか地域SNS
 藍blogU
 盛岡心情
 盛岡心情2
 盛岡心情3
 桜山人情商店街を応援し隊
 盛岡絶賛系 沢野日記
 ----------
 【MIYAGI】
 Magical-K
 アンはのぼる
 結城登美雄「地元学」
 ----------
 【CHIBA】
 松戸・まちづくり コラボ
 世のため人のために駆け回ろう
 ラブマツ
 とん吉@yossyの日記なのです
 新鮮野菜を極める!!
 珈琲屋めいぷる
 フレンチレストラン 田島亭
 ----------
 【TOKYO】
 Kai-Wai散策
 aki's STOCKTAKING
 My Place
 MADCONNECTION
 af_blog
 Cen’s LoveGarden
 LOVEGARDEN
 谷中M類栖
 N的画譚
 Neontica
 Roc写真箱
 漂泊のブロガー2
 トイミサイル
 みどりの大冒険
 東京クリップ
 らくん家
 う・らくん家
 らっきょ委員会
 アコーディオンデュオ
 『Sarasa』

  bs@web
  かばんやえいえもん
  なかのくみ茜日記
 ----------
 【CYUKYOU】
 アツマールぎふ
 ----------
 【KANSAI】
 勝手にRECOMMEND
 小吹隆文 アートのこぶ〆
 藤野正弘の京都まち暮らし
 ロゼッタへの道
 sociologbook
 MY Favorite Things
 龍谷大学
 関西岩手県人会
 関西宮沢賢治の会
 マイファーム日記
 高槻ジャズストリート
 こぐれ日常
 冬虫仮装館の秘密
 大阪あそ歩
 ----------
 【SHIGA / LAKE BIWA】
 「環境社会学/地域社会論
  琵琶湖畔発」

 大津まち歩記
 学芸員のたまご
 レイクスターズ
 滋賀レイクスターズ
 ブースターズブログ

 びわこJazzフェスティバル
 滋賀県立琵琶湖博物館
 滋賀県庁
 琵琶湖環境科学研究センター
 鰍ンらいもりやま21
 ----------
 【Otsu】
 おおつSNS
 利やん
 大津ジャズフェスティバル
 大津エンパワねっと
  旧大津公会堂レストラン
  NPO法人大津祭曳山連盟
  (株)まちづくり大津
  京阪大津線
  ----------
 【Kyusyu】
 A LIFE IN KUMAMATO
 山田裕一のかかし日記
 ----------
 環境社会学会
 日本社会学会
 日本村落研究学会
 ソシオロジ
 Theoretical Sociology
 Whoso is not expressly included
 内田樹の研究室
 樋口ヒロユキ
 ----------
 週間まちづくり
 地域SNS研究会
 団地百景
 公団ウォーカー
  谷根千ねっと
  ムラアカリをゆく

amazon


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Moon Phases


CURRENT MOON

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:wakkyken
■ぼんずさん、こんにちは。原稿の執筆に苦しんでいます・・・うううう。

■「最近の地方文化の再評価というか縒り戻しのような流れが緩やかにも強く盛岡などにおこっていて、それが関西圏には無かったのであらためて”地元こだわり”という考えがなかなか興らない」というぼんず説は、興味深いです指摘ですね〜。

■関西人は、言葉にも文化にも自信満々ですからね(^^;)。でもね、関西のなかでも、京都・大阪・神戸は別格です。関西地域のなかの東京のような位置づけです(意味わかりますか?)。

■滋賀県の米原というところにすんでいる学生を知っています。米原は、名古屋にも京都にも1時間少しで行くことができる場所です。新幹線もとまります。でも、その学生は、はやく米原から外に出たいといいます。
「家から20分ぐらいで買い物にいけるような所に住みたい(つまり都会に住みたい)」といいます。「でも、都市部でも郊外だと、乗り換えやバスの時間も入れると1時間ぐらいすぐにすぎてしまうよ」というと、「それもそうですね・・・、でも〜」となります。

■もちろん、その一方で、地元志向の学生もたくさんいます。でも、それは住みやすいから、自宅があるから(家を継ぐ)、という理由で、「地元こだわり派」というわけではありまん。

■都市のスケールも含めて、ミニコミ誌の経営が成功する条件ってあるんでしょうね。
投稿者:ぼんず
”てくり”知りませんでした。盛岡って言うのに関心がイマイチ低いからかもしれません。遠くにいても「想っている」人の方がアンテナ感度がいいというのはどんなことでもいえることなのかな。
普段、近所との会話がたくさんあるようなところだと、逆にミニコミ誌のテンポでは情報が遅い位な場合、運営が難しいということもありえるのかな。

また、うまくまとめられませんが
盛岡というか東北人の”方言・訛り”に対するコンプレックス様のものがあったように、文化全体にも東京文化至上があって、最近の地方文化の再評価というか縒り戻しのような流れが緩やかにも強く盛岡などにおこっていて、それが関西圏には無かったのであらためて”地元こだわり”という考えがなかなか興らないのかななどとおもったり。

SINCE 2005/1/21

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

BOOK


   キーワードは
 「階層化された流域管理」

 「環境ガバナンスの社会学」
   『環境社会学研究』

『よくわかる環境社会学』

twitter

facebook

JEDI


JEDI
( Japan Earth Diving Institute)

MESSAGE BOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ