Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」

おいでやす!! よぅ来てくれはりました。ここは わきた・けんいち のBlog ですぅ。どうぞ よろしゅうに。

 

CALENDER

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

LINKS


 【IWATE】
 イワテバイクライフ
 イワテライフ日記
 クマゴロウのテリトリー
 懐かし生活雑貨の店
 平孝HomePage

 いわての散歩道
 農家の嫁の事件簿
 ロジデリ
 岩手子ども環境研究所
 ストリームバンク
 The North Angler
 マニハチ
 岩手県立大学
 岩手県庁
 交流居住のすすめ岩手県
 代表・吉成のときどき日記
 森風ブログ
 新米大学教員日記@岩手
 ----------
 【MORIOKA】
 てくり
 流れる雲を友に
 もりおか地域SNS
 藍blogU
 盛岡心情
 盛岡心情2
 盛岡心情3
 桜山人情商店街を応援し隊
 盛岡絶賛系 沢野日記
 ----------
 【MIYAGI】
 Magical-K
 アンはのぼる
 結城登美雄「地元学」
 ----------
 【CHIBA】
 松戸・まちづくり コラボ
 世のため人のために駆け回ろう
 ラブマツ
 とん吉@yossyの日記なのです
 新鮮野菜を極める!!
 珈琲屋めいぷる
 フレンチレストラン 田島亭
 ----------
 【TOKYO】
 Kai-Wai散策
 aki's STOCKTAKING
 My Place
 MADCONNECTION
 af_blog
 Cen’s LoveGarden
 LOVEGARDEN
 谷中M類栖
 N的画譚
 Neontica
 Roc写真箱
 漂泊のブロガー2
 トイミサイル
 みどりの大冒険
 東京クリップ
 らくん家
 う・らくん家
 らっきょ委員会
 アコーディオンデュオ
 『Sarasa』

  bs@web
  かばんやえいえもん
  なかのくみ茜日記
 ----------
 【CYUKYOU】
 アツマールぎふ
 ----------
 【KANSAI】
 勝手にRECOMMEND
 小吹隆文 アートのこぶ〆
 藤野正弘の京都まち暮らし
 ロゼッタへの道
 sociologbook
 MY Favorite Things
 龍谷大学
 関西岩手県人会
 関西宮沢賢治の会
 マイファーム日記
 高槻ジャズストリート
 こぐれ日常
 冬虫仮装館の秘密
 大阪あそ歩
 ----------
 【SHIGA / LAKE BIWA】
 「環境社会学/地域社会論
  琵琶湖畔発」

 大津まち歩記
 学芸員のたまご
 レイクスターズ
 滋賀レイクスターズ
 ブースターズブログ

 びわこJazzフェスティバル
 滋賀県立琵琶湖博物館
 滋賀県庁
 琵琶湖環境科学研究センター
 鰍ンらいもりやま21
 ----------
 【Otsu】
 おおつSNS
 利やん
 大津ジャズフェスティバル
 大津エンパワねっと
  旧大津公会堂レストラン
  NPO法人大津祭曳山連盟
  (株)まちづくり大津
  京阪大津線
  ----------
 【Kyusyu】
 A LIFE IN KUMAMATO
 山田裕一のかかし日記
 ----------
 環境社会学会
 日本社会学会
 日本村落研究学会
 ソシオロジ
 Theoretical Sociology
 Whoso is not expressly included
 内田樹の研究室
 樋口ヒロユキ
 ----------
 週間まちづくり
 地域SNS研究会
 団地百景
 公団ウォーカー
  谷根千ねっと
  ムラアカリをゆく

amazon


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Moon Phases


CURRENT MOON

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:わきた・けんいち
m-louisさん、こんにちは。1000字しかコメントが書けないので、ご不自由をおかけします。

m-louisさんのブログ「旧阪急梅田駅コンコースを残したい・・」での活動のご趣旨も拝見しています。「あくまで市民目線での声を保存しておこう」というのは大切なことだと私も思います。一般に、私的財産・私的所有物については、「解体」が決定されてから、一般の市民にそのことが伝わります。そのときは、いろいろな既成事実ができあがり、所有者も動きがとれなくなっていることが多いように思います。その問題を超える工夫が必要なのではないかと思うのです。事前の対策ですね。それはさておき、「景観」の難しさ
をどのように捉えるのか、m-louisさんなりのお考えをぜひお聞かせください。曖昧な説明になりますが、私にとって「景観」とは、純粋に「主観的存在」でもないし、純粋に「客観的存在」でもありません。また、「公共性」の側面を強くもっていますが、「私的所有」とは切り離すことができません(阪急梅田コンコース問題はその一例)。

このように問題について、これからもブログを通じて交流させていただければと思います。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:m-louis
わきたさん、わざわざ私へのエントリーという形であ
りがとうございます。
そういえば teacup ブログってコメント文字数制限あ
りましたね。せめて2000字くらいは受け付ける仕様に
なっててほしいものです。

しかし、私の保存問題「整理不能状態」はかなり深刻
で、実はこのエントリーに対してもどのようにコメン
トしてよいのかが見えてこないという、かなり情けな
い状態です。実際、私自身「旧阪急梅田駅コンコース
を残したい・・」というブログを立ち上げ、保存活動
の端くれみたいなことをやってる立場でもあるので、
本来ならば明確なヴィジョンの一つでも獲得していた
いものなんですが、その活動を通して余計にわからな
くなりました。ただ、阪急の件に関して一つだけ書い
ておくと、あの活動は建築的価値(伊東忠太の固有名
に代表される)における保存活動ではなく、あくまで
市民目線での声を保存しておこうということから始め
たものです。そして、そこで得られたコミュニケー
ションなりネットワークなりというものは確かに掛け
替えのないものです。例に出されてる三信ビルプロ
ジェクトの方ともお互い励まし合ったりということが
ありましたし。。

それから tksさんがコメントで取り上げられてる「悪い
景観100景」については前コメントでもリンクした
「あさみ新聞」内でもかなり大きく取り扱って、朝日
新聞にも取り上げられたようです。しかし、どうも私
にとってはこの「景観」という言葉が混乱の鍵になっ
てるんじゃないかな?という風に思えるんですよね。
その辺のこと含め、自分のブログでも今後取り上げて
いこうとは思ってますが、たぶんダイレクトにそれに
ついて触れるのではなく、いろいろ遠回りしながら考
えていくということになろうかと思います。何しろ何
も考えが固まってないですからね(汗)

http://yanaka.m-louis.org/
投稿者:わきた・けんいち
tksさん、こんばんは。コメントありがとうございます。専門家が認めるような優等生的な建築物とは違い、まさに普通の建築物というのはなかなか評価や保存の対象になりませんね。そうなると、町並み等を保全するばあいに大切になってくるのは、地域での合意形成ということになるのでしょうが、団地のばあいは、さらに難しいものがありますよね。分譲では、特に、若い経済力のある世帯と、そこを終の棲家とする高齢で経済力のない世帯では、合意形成が難しいという話しを聞いたことがあります。賃貸のばあいだと、現在のUR都市機構はなかなか融通がきかないでしょうし。多くの人びとがその価値を認め、社会的にも定着する以前に、人びとの記憶の詰まった建築物はどんどん解体されていく。なんとも辛いものがありますね。

「学術的評価とは関わりなく自分が育ってきた環境を大切に思う人々が潜在的にはたくさんいるんだなと実感した」とお書きになっていること、私も重要だと思います。そのような潜在的なままにある人びとの気持が顕在化して、横につながることで社会的な力になっていってほしいのですが、そのためにはどのような工夫や仕組みが必要なのか、もっと現場で考えてたいと思っています。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:tks
>その建物に関して、ポジティブに評価し(「こんな建
物を大切にしてくれてありがとう」)、そのような評価
をするネットワークを社会的にも拡大し、またその関
係者に対してもその評価のネットワークのなかに入っ
てもらうことが重要かと思います

国や自治体が定める文化財指定以外に適当な評価軸が
ないのは不十分だと私も考えています。建築・土木学
会もいろいろ動いているようですが、一般の認知度は
低いですし。例えばイギリスのナショナルトラストの
ような組織が日本にも定着するといいのですが(いち
おう日本ナショナルトラストはありますけど)。

去年、美しい景観を守る会が「悪い景観100景」なる
ものを発表して首都高速の高架といった都市景観を
「悪い」と断言したことに、多くのブログで反発の声
があがったことがありました。その景観の是非はさて
おき、学術的評価とは関わりなく自分が育ってきた環
境を大切に思う人々が潜在的にはたくさんいるんだな
と実感した出来事でした。

現実問題として建物の保存にはお金がかかります。ま
た、建て替え後の建物で得られるはずの収益をあきら
めることになります。そのコストを負担してでも守る
べき価値がある、というコンセンサスが日本で定着す
るにはまだかなりの年月が必要でしょう。少子高齢化
と人口減で価値観が変わるかもしれません。

http://blog.all-a.net/

SINCE 2005/1/21

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

BOOK


   キーワードは
 「階層化された流域管理」

 「環境ガバナンスの社会学」
   『環境社会学研究』

『よくわかる環境社会学』

twitter

facebook

JEDI


JEDI
( Japan Earth Diving Institute)

MESSAGE BOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ