Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」

おいでやす!! よぅ来てくれはりました。ここは わきた・けんいち のBlog ですぅ。どうぞ よろしゅうに。

 

CALENDER

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

LINKS


 【IWATE】
 イワテバイクライフ
 イワテライフ日記
 クマゴロウのテリトリー
 懐かし生活雑貨の店
 平孝HomePage

 いわての散歩道
 農家の嫁の事件簿
 ロジデリ
 岩手子ども環境研究所
 ストリームバンク
 The North Angler
 マニハチ
 岩手県立大学
 岩手県庁
 交流居住のすすめ岩手県
 代表・吉成のときどき日記
 森風ブログ
 新米大学教員日記@岩手
 ----------
 【MORIOKA】
 てくり
 流れる雲を友に
 もりおか地域SNS
 藍blogU
 盛岡心情
 盛岡心情2
 盛岡心情3
 桜山人情商店街を応援し隊
 盛岡絶賛系 沢野日記
 ----------
 【MIYAGI】
 Magical-K
 アンはのぼる
 結城登美雄「地元学」
 ----------
 【CHIBA】
 松戸・まちづくり コラボ
 世のため人のために駆け回ろう
 ラブマツ
 とん吉@yossyの日記なのです
 新鮮野菜を極める!!
 珈琲屋めいぷる
 フレンチレストラン 田島亭
 ----------
 【TOKYO】
 Kai-Wai散策
 aki's STOCKTAKING
 My Place
 MADCONNECTION
 af_blog
 Cen’s LoveGarden
 LOVEGARDEN
 谷中M類栖
 N的画譚
 Neontica
 Roc写真箱
 漂泊のブロガー2
 トイミサイル
 みどりの大冒険
 東京クリップ
 らくん家
 う・らくん家
 らっきょ委員会
 アコーディオンデュオ
 『Sarasa』

  bs@web
  かばんやえいえもん
  なかのくみ茜日記
 ----------
 【CYUKYOU】
 アツマールぎふ
 ----------
 【KANSAI】
 勝手にRECOMMEND
 小吹隆文 アートのこぶ〆
 藤野正弘の京都まち暮らし
 ロゼッタへの道
 sociologbook
 MY Favorite Things
 龍谷大学
 関西岩手県人会
 関西宮沢賢治の会
 マイファーム日記
 高槻ジャズストリート
 こぐれ日常
 冬虫仮装館の秘密
 大阪あそ歩
 ----------
 【SHIGA / LAKE BIWA】
 「環境社会学/地域社会論
  琵琶湖畔発」

 大津まち歩記
 学芸員のたまご
 レイクスターズ
 滋賀レイクスターズ
 ブースターズブログ

 びわこJazzフェスティバル
 滋賀県立琵琶湖博物館
 滋賀県庁
 琵琶湖環境科学研究センター
 鰍ンらいもりやま21
 ----------
 【Otsu】
 おおつSNS
 利やん
 大津ジャズフェスティバル
 大津エンパワねっと
  旧大津公会堂レストラン
  NPO法人大津祭曳山連盟
  (株)まちづくり大津
  京阪大津線
  ----------
 【Kyusyu】
 A LIFE IN KUMAMATO
 山田裕一のかかし日記
 ----------
 環境社会学会
 日本社会学会
 日本村落研究学会
 ソシオロジ
 Theoretical Sociology
 Whoso is not expressly included
 内田樹の研究室
 樋口ヒロユキ
 ----------
 週間まちづくり
 地域SNS研究会
 団地百景
 公団ウォーカー
  谷根千ねっと
  ムラアカリをゆく

amazon


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Moon Phases


CURRENT MOON

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:わきた・けんいち
yukiりん、こんにちは。あの空き地、現在でも、周囲の住民の皆さんによってガーデニングの場として利用されていますが、さらに素敵な場所になればなあと思っています。不思議なことに、現在の再開発のエリアからは外れているんですよね〜。墨田区の考えがよくわからないのですが、まだ計画が未定であれば、行政・住民そしてLGさんのような地元の専門家が参加することで、yukiりんがお書きになっていたような、地域の皆さんが「ホッ」とできる「空き地」に発展していけばいいなあと思います。地域住民の皆さんに愛される「空き地」になってほしいと思います。「空き地」とあえてかぎ括弧をつけているところが大切なんですね!!それから青いお尻の件ですが、ノーコメントです…。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:yukiりん
あれれ、またまた記事が伸びてる〜。
「こちら」の紹介までありがとうございました。先生はこの地の住民以上にこの空き地についてお詳しいですね。私共もウカウカしてられません。行政まかせにせず一歩踏み出さねばなりませんね。
ところで、あのmasaさんまでモンゴロイドの証を見せてくれるのですか!?もしかしてたら玉井さんまでも!? えっー、どうしましょう!3歳の娘には青い証が付いているのですが、先生やmasaさんまでに残っているとは!ちょっと想像が付きませんがぜひ確認させて頂きます。ご期待に沿えるよう青いペンキを持参しましょう!(^^;

http://lovegarden.exblog.jp/
投稿者:わきた・けんいち
masaさん、それでは、ちょっと小腹がすいたらオヤツにモンジャということにいたしましょう!!「尾てい骨あたりを青く塗られたりしないでしょうね〜(^^;」って、yukiりんに塗られるんですかね〜。かなり、ヤバイです(^^;;。


http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:masa
「街歩き+銭湯+焼き鳥+Dead-T」に「もんじゃ焼き」をプラスしていただけると、おそらく玉井さんも参加いただけると思います。LOVE GARDENさんが絡む「モンゴロイドの証」って、ちょっと怖いですね。まさか、尾てい骨あたりを青く塗られたりしないでしょうね〜(^^;
投稿者:masa
あ、書き忘れました。十数年前、この空き地の右側(手前から大木にかけて)境は、板塀になっていました。
投稿者:masa
cenさん銭湯理論の裏付けです(^^; 佃島の長屋にお住まいのご婦人とお話をしていた時のことですが、「マンションが増えてますが、町会の集まり具合など如何ですか?」とお聞きしたところ、「それが意外と良いんですよ。マンションに引っ越して来た人たちが、けっこう銭湯に入りに来るんです。そこでお付き合いが始まり、町会にも参加してくださるんですね」ということでした。が、それも文明レベルではないですよね〜。
投稿者:わきた・けいんち
cenさん、おはようございます。昨日から加賀百万石の金沢にいま〜す。おちついた雰囲気の街ですね〜。行政も市民の皆さんも金沢の街にプライドをお持ちのようで、歩いていて心がなごみました〜。
さて、cenさんに「銭湯」に関する重要なコメントいただきありがとうございます。「ある限られた時間に、みんなが集まる場所がある、今日もまた、みんないたね」というのは、銭湯を経営する側にはそんな意図はなくても、結果として、銭湯は地域コミュニティの人間関係の基盤をつくっていたということですね〜。これは重要なご指摘ですね。次回は、街歩き+銭湯+焼き鳥+Dead-Tで決定だな〜(環太平洋モンゴロイド一族の“証”ということで、引き締まったお姿を想像しました)。ところで、京島で、ミニ・アースダイビングがおこなわれるかもしれませんよ!!

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:cen
先日はありがとうございました。
わきたさんのお人柄に、われわれ夫婦一同、惚れ惚れしておった、今日この頃です。
このような追加記事まで、お手をとらせてしまって、恐縮です。
昭和49年のこの界隈は、まだまだゆっくりとした時の流れがありました。その流れの中心にあったものが、“銭湯”だと思うのです。よく、銭湯文化などと形容されていますが、ぼくが感じているのは、むしろ、銭湯文明、というものが存在していた気がします。今はもうすでに、その文明は滅んでいますが…
ある限られた時間に、みんなが集まる場所がある、今日もまた、みんないたね、裏では薪を燃やしている、家まで帰る道すがら、夏は月夜に冬オリオン、夏の夜は涼しかったはずなのに、、、
こんな生活も、昭和50年頃を境にだんだんと崩壊をしていったようです。いまでも銭湯は点在していますが、文明は滅んでしまっています。もう決して、戻らないことでしょう。次回は、Dead-Tを着て銭湯に足を運びましょう!されば、環太平洋モンゴロイド一族の“証”をお見せできることと思います(笑)

http://lovegarden.exblog.jp/
投稿者:わきた・けんいち
m-louisさん。谷中・根津は、別の記事(エントリー)になる予定です。ただし、もうひとつのブログのほうかもしれません(『大津まち歩記』)。それから、多摩についても、よく勉強して、きちんとアップしたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:わきた・けんいち
yukiりん、m-louisさん、こんばんは!!
m-louisさん、「短い時間」というのは、「スウハ曙」に到着する前の午前中の時間にということですか?まあ、そのあたりはcenさん・yukiりんご夫妻にお聞きください(^0^)。

yukiりん、S49年当時3歳だったのですね〜、少し安心しました。でも、見た通りなのですが、お若く素敵な奥様ですよ〜。さて、空き地の件ですが、どんなに街のなかを専門家が作り込んでいっても、そこに暮らす皆さんが、「これからもここに住み続けるのだ」ということを根拠に、地域のあり方に積極的に関わりつづけて良くしていてこうという気持がなけれぱ、街は“つまらない”場所になってしまうような気がします。また、空き地を見学しにいきますからね!!

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
1|23

SINCE 2005/1/21

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

BOOK


   キーワードは
 「階層化された流域管理」

 「環境ガバナンスの社会学」
   『環境社会学研究』

『よくわかる環境社会学』

twitter

facebook

JEDI


JEDI
( Japan Earth Diving Institute)

MESSAGE BOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ