Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」

おいでやす!! よぅ来てくれはりました。ここは わきた・けんいち のBlog ですぅ。どうぞ よろしゅうに。

 

CALENDER

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

LINKS


 【IWATE】
 イワテバイクライフ
 イワテライフ日記
 クマゴロウのテリトリー
 懐かし生活雑貨の店
 平孝HomePage

 いわての散歩道
 農家の嫁の事件簿
 ロジデリ
 岩手子ども環境研究所
 ストリームバンク
 The North Angler
 マニハチ
 岩手県立大学
 岩手県庁
 交流居住のすすめ岩手県
 代表・吉成のときどき日記
 森風ブログ
 新米大学教員日記@岩手
 ----------
 【MORIOKA】
 てくり
 流れる雲を友に
 もりおか地域SNS
 藍blogU
 盛岡心情
 盛岡心情2
 盛岡心情3
 桜山人情商店街を応援し隊
 盛岡絶賛系 沢野日記
 ----------
 【MIYAGI】
 Magical-K
 アンはのぼる
 結城登美雄「地元学」
 ----------
 【CHIBA】
 松戸・まちづくり コラボ
 世のため人のために駆け回ろう
 ラブマツ
 とん吉@yossyの日記なのです
 新鮮野菜を極める!!
 珈琲屋めいぷる
 フレンチレストラン 田島亭
 ----------
 【TOKYO】
 Kai-Wai散策
 aki's STOCKTAKING
 My Place
 MADCONNECTION
 af_blog
 Cen’s LoveGarden
 LOVEGARDEN
 谷中M類栖
 N的画譚
 Neontica
 Roc写真箱
 漂泊のブロガー2
 トイミサイル
 みどりの大冒険
 東京クリップ
 らくん家
 う・らくん家
 らっきょ委員会
 アコーディオンデュオ
 『Sarasa』

  bs@web
  かばんやえいえもん
  なかのくみ茜日記
 ----------
 【CYUKYOU】
 アツマールぎふ
 ----------
 【KANSAI】
 勝手にRECOMMEND
 小吹隆文 アートのこぶ〆
 藤野正弘の京都まち暮らし
 ロゼッタへの道
 sociologbook
 MY Favorite Things
 龍谷大学
 関西岩手県人会
 関西宮沢賢治の会
 マイファーム日記
 高槻ジャズストリート
 こぐれ日常
 冬虫仮装館の秘密
 大阪あそ歩
 ----------
 【SHIGA / LAKE BIWA】
 「環境社会学/地域社会論
  琵琶湖畔発」

 大津まち歩記
 学芸員のたまご
 レイクスターズ
 滋賀レイクスターズ
 ブースターズブログ

 びわこJazzフェスティバル
 滋賀県立琵琶湖博物館
 滋賀県庁
 琵琶湖環境科学研究センター
 鰍ンらいもりやま21
 ----------
 【Otsu】
 おおつSNS
 利やん
 大津ジャズフェスティバル
 大津エンパワねっと
  旧大津公会堂レストラン
  NPO法人大津祭曳山連盟
  (株)まちづくり大津
  京阪大津線
  ----------
 【Kyusyu】
 A LIFE IN KUMAMATO
 山田裕一のかかし日記
 ----------
 環境社会学会
 日本社会学会
 日本村落研究学会
 ソシオロジ
 Theoretical Sociology
 Whoso is not expressly included
 内田樹の研究室
 樋口ヒロユキ
 ----------
 週間まちづくり
 地域SNS研究会
 団地百景
 公団ウォーカー
  谷根千ねっと
  ムラアカリをゆく

amazon


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Moon Phases


CURRENT MOON

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:わきた・けんいち
fuRuさん、こんにちは。鮒寿司の値段って、びっくりでしょ。こうやって環境問題を考えるといいかもしれませんね。「食いしん坊のエコロジー」ですね。いつまでも美味しい郷土食を食べたい・つくり続けたいから、郷土の環境を大切にしようという論理です。宮城の「森は海の恋人」という牡蠣の養殖業者さんや漁師さんや沿岸の皆さんの山への植林運動も、少し近いかな。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:わきた・けんいち
m-louisさん、こんにちは。「祝!」コメントありがとうございます。そうですか、m-louisさんは、少し匂う(人によっては臭う)ものがお好きなのですか。ドリアンも濃厚ですが、なれない方には、生ゴミが腐った感じがしますものね。だから、お家の方のご理解もないと、食べることができません(^^;)。鮒寿司ですが、これについては好き好きがあるので、もっと別のプレゼントにしたいと思います。

ところで、「Macの謎」についてですが、そうですか、初耳です。なんだか、申し訳ないです。

もうひとつ。このteacupも、与えられたサーバーの残りが15%程度になり、どうしたものかと思案しています。このまま、teacupでパート2を作成するのか、もっと大きなところに移動するのか、まあそういうことです。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:fuRu
鮒寿司の値段、知りませんでした。
びっくり。ほんと、何も知りませんね。
でも、くさやは食べたことがあります、です。(^^;)

http://af-site.sub.jp/blog/
投稿者:m-louis
だいぶ遅ればせながらではありますが、祝!40,000ア
クセス!!です。
50,000アクセスで琵琶湖畔発にふさわしいプレゼント
とは楽しいですね。私は下手物も大好きな方なので
ちょっと狙ってみます(今日もドリアン食べてる
し)。

ちなみに私は自分のブログもそうだからかもしれませ
んが、改行なし文章(というか段落のはっきりしてる
文章)は一向に苦にしません。ただ、一つこれはわき
たさんに言っても仕方ないことなんですが、Teacup
のブログコメントって、なぜか Mac から書き込むとふ
つうよりも短いところで勝手に改行されちゃうんです
よね(このコメントもおそらく)。
これが以前から謎でなりません。
投稿者:わきた・けんいち
(前のコメントの続きです)
知事といいますか、政治家は、時として、そのようなギリギリの状況のなかで判断して闘い人々に誠実に説明することが求められます。並みの精神力ではできませんね。お書きになっていることと関係していると思いますが、武村さんのばあいは、上記の琵琶湖条例制定のときには、内閣法制局との人脈からの知恵が彼を支えました。そのようなものが嘉田さんにあるのかどうか、私にはよくわかりませんが、武村さんとはまた違った形で、中央とのパイプはお持ちのように思います。

また、私の勝手な推測からすれば、表には出てこられませんが、引退された武村さんは嘉田さんを応援されているのではないのかなあと思っています。拙ブログの2006/4/15「滋賀知事選に嘉田さんが立候補(その1)」の記事には、嘉田さんご本人からコメントをいただきました。そこには、「現職という軍艦に挑戦する漁舟、と武村さんが評しています。」とお書きになっています。これは、私は武村流の嘉田さんへのエールなのではと、勝手に解釈しています(事実と違っていたらごめんさない)。

おそらく、神田の史朗さんも、東京から故郷・滋賀県のことを気にされているのでしょうね。直接、選挙に反映されるわけではありませんが、そのような滋賀県出身者の皆さんのご意見は、滋賀県にとっては大切なものに違いないと思っています。

刺激をいただき、長文になってしまいました。どうか、これからもよろしくお願いいたします。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:わきた・けんいち
神田の史朗さん、ようこそお越しくださいました。コメントありがとうございます。たしかに、神田の史朗さんがお書きになっていように、滋賀県知事は、特に、武村知事の時代以降、琵琶湖の環境問題を避けて通ることができません。東京のマスコミの論調というのは、ひょっとして世間でよく流布している「開発(悪玉)対環境(善玉)」というものなのでしょうか。であれば、違いますよね〜。まあ、あえていえば、ダム建設の問題でしょうか(国松さんの主張は、琵琶湖の生態系のためにもダムが必要だというものだったような気がしますが…違ったかな?)。

労組や市民運動の支援を受けて知事となった武村さんは、選挙で、琵琶湖総合開発「見直し」といいました。ですので、浜大津沖の埋立は中止にされましたが、矢橋の帰帆島についてはGOサインを出されました。また、湖岸道路の建設も、沖出出し案に反対し、陸上案に修正されました。そのあたり、琵琶湖総合開発に「絶対反対」といっていた支持者の皆さんとのあいだには、いろいろ緊張があったと思いますが、それが国との関係のなかでギリギリの選択だったように思います。また、リンを含んだ合成洗剤の禁止を含んだ「滋賀県琵琶湖の富栄養化の防止に関する条例(琵琶湖条例)」に関しては、違憲訴訟も辞さないという合成洗剤メーカーのものすごい闘いがありました。神田の史朗さんがお書きになっているように、本当に、「利害関係者と闘って」こられたように思います。
(次のコメントをご覧ください)

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:神田の史朗
生態系の変化と言えば・・・。
わきた様、皆様、初めまして。米原の生まれで東京在住の者です。
今回の嘉田さんの当選のニュースについて、東京のマスコミでは「環境主義が勝った」と言いたげな論調が目立つのです。でも、それは滋賀県の現代史を知らない為と思います。
今回落選した国松さんは丹生ダムなどの建設を主張して負けたものの、鮒寿司の話題でも出た生態系破壊対策には熱心だったハズです。
「ブラックバス」をキーワードに昨年(2005)1月〜2月のニュースを検索すると、当時の国松知事が「琵琶湖と漁業者」を守るために「遊びの経済効果」を主張する何万もの釣り人と闘って勝った様子がわかります。
最近やっと、武村・元知事の自伝を読みました。あの人が合成洗剤追放を掲げた時代から、歴代の滋賀県知事は、その時々の環境問題を背負って利害関係者と闘っているんですよね。
とは言うものの、武村さんは自治省出身で行政経験や中央政界との接点を利用できたから、若くても闘いに勝ったように書いています。嘉田さんは、何を利用できるでしょうか。
投稿者:わきた・けんいち
fuRuさん。こんにちは。鮒寿司ですが、以前は、庶民の郷土料理だったのですが、琵琶湖の環境(産卵場所の減少)や生態系の変化(外来魚の被害)等により、鮒寿司の原料であるニゴロブナが水揚げが大幅に減っています。以前は、春になると、ニゴロブナは、塊になって産卵に岸や水辺に来たといいます。それをイオジマといいます。イオは魚のこと、ジマとは島のこと。魚のナブラといいますか魚群が、水深の浅い琵琶湖の湖岸では、水面から盛り上がるほどだったわけですね。そういうわけで、ニゴロブナを原料とした鮒寿司は高価な珍味になってしまいました。ちなみに、値段ですが…高いです。
ひとつの例として、こちらをご覧ください。
http://www.kitashina.com/
高いとなると、少し食べてみたくなるでしょ
(^0^)。ちなみに、私はクサヤを食べたことがありません。口の悪い連中からは、クサヤは○ンコの臭いで、鮒寿司はゲ○の臭いだといわれたことがありますが、珍味、美味しいものというのは、まあ、そんなものですよね〜。発酵食は偉大です!!

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:fuRu
あっ!鮒寿司ですが、噂先行型で、いまだに食したことが
ありません。未知の食べ物です。
ところで、鮒寿司って高価なものなのですか???

http://af-site.sub.jp/blog/
投稿者:わきた・けんいち
greenagainさん、こんにちは。「改行が殆どない点が読みづらいです」と、これまたストレートなコメントありがとうございます(^^;;。そうですか、私のばあいは、本などのばあいと同じように書いているのかもしれません。PCのディスプレイで読んでいただくということをあまり考えていないのかもしれませんね。無意識のうちにですが…。どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
1|2

SINCE 2005/1/21

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

BOOK


   キーワードは
 「階層化された流域管理」

 「環境ガバナンスの社会学」
   『環境社会学研究』

『よくわかる環境社会学』

twitter

facebook

JEDI


JEDI
( Japan Earth Diving Institute)

MESSAGE BOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ