Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」

おいでやす!! よぅ来てくれはりました。ここは わきた・けんいち のBlog ですぅ。どうぞ よろしゅうに。

 

CALENDER

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

LINKS


 【IWATE】
 イワテバイクライフ
 イワテライフ日記
 クマゴロウのテリトリー
 懐かし生活雑貨の店
 平孝HomePage

 いわての散歩道
 農家の嫁の事件簿
 ロジデリ
 岩手子ども環境研究所
 ストリームバンク
 The North Angler
 マニハチ
 岩手県立大学
 岩手県庁
 交流居住のすすめ岩手県
 代表・吉成のときどき日記
 森風ブログ
 新米大学教員日記@岩手
 ----------
 【MORIOKA】
 てくり
 流れる雲を友に
 もりおか地域SNS
 藍blogU
 盛岡心情
 盛岡心情2
 盛岡心情3
 桜山人情商店街を応援し隊
 盛岡絶賛系 沢野日記
 ----------
 【MIYAGI】
 Magical-K
 アンはのぼる
 結城登美雄「地元学」
 ----------
 【CHIBA】
 松戸・まちづくり コラボ
 世のため人のために駆け回ろう
 ラブマツ
 とん吉@yossyの日記なのです
 新鮮野菜を極める!!
 珈琲屋めいぷる
 フレンチレストラン 田島亭
 ----------
 【TOKYO】
 Kai-Wai散策
 aki's STOCKTAKING
 My Place
 MADCONNECTION
 af_blog
 Cen’s LoveGarden
 LOVEGARDEN
 谷中M類栖
 N的画譚
 Neontica
 Roc写真箱
 漂泊のブロガー2
 トイミサイル
 みどりの大冒険
 東京クリップ
 らくん家
 う・らくん家
 らっきょ委員会
 アコーディオンデュオ
 『Sarasa』

  bs@web
  かばんやえいえもん
  なかのくみ茜日記
 ----------
 【CYUKYOU】
 アツマールぎふ
 ----------
 【KANSAI】
 勝手にRECOMMEND
 小吹隆文 アートのこぶ〆
 藤野正弘の京都まち暮らし
 ロゼッタへの道
 sociologbook
 MY Favorite Things
 龍谷大学
 関西岩手県人会
 関西宮沢賢治の会
 マイファーム日記
 高槻ジャズストリート
 こぐれ日常
 冬虫仮装館の秘密
 大阪あそ歩
 ----------
 【SHIGA / LAKE BIWA】
 「環境社会学/地域社会論
  琵琶湖畔発」

 大津まち歩記
 学芸員のたまご
 レイクスターズ
 滋賀レイクスターズ
 ブースターズブログ

 びわこJazzフェスティバル
 滋賀県立琵琶湖博物館
 滋賀県庁
 琵琶湖環境科学研究センター
 鰍ンらいもりやま21
 ----------
 【Otsu】
 おおつSNS
 利やん
 大津ジャズフェスティバル
 大津エンパワねっと
  旧大津公会堂レストラン
  NPO法人大津祭曳山連盟
  (株)まちづくり大津
  京阪大津線
  ----------
 【Kyusyu】
 A LIFE IN KUMAMATO
 山田裕一のかかし日記
 ----------
 環境社会学会
 日本社会学会
 日本村落研究学会
 ソシオロジ
 Theoretical Sociology
 Whoso is not expressly included
 内田樹の研究室
 樋口ヒロユキ
 ----------
 週間まちづくり
 地域SNS研究会
 団地百景
 公団ウォーカー
  谷根千ねっと
  ムラアカリをゆく

amazon


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Moon Phases


CURRENT MOON

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:わきた・けいんち
『狛犬かがみ』のたくき よしみつ さんが、朝日新聞の書評欄にある「著者に会いたい」に登場されていました。たくきさんご本人への取材をもとにした記事です。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:わきた・けんいち
yukoさん、おはようございます。これは、たしかにシンプルですね〜。そして、シンプルがゆえに、人を驚かせ、そして感動させますね。だからミニチュアをつくろうなんて話しになってくるんですね、きっと。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:わきた・けんいち
たくきさん、はじめまして。『狛犬かがみ』のお書きになった著者ご本人からコメントをいただけるなどとは思っていなかったので、とても驚いています。コメントをいただき、大変恐縮です。天満宮には偶然に行かれたご様子ですね。さぞ、驚かれたことでしょうね。こんなふうな漫画のような狛犬は、全国でもここしかないのではないでしょうか(^0^)。円丈本とは、『THE 狛犬!コレクション』(立風書房、平成7年)これでしょうか。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4651780385/ref=sr_11_1/250-5828245-7309058?ie=UTF8
私のばあい、今年の年賀状には、中国にいったときの狛犬を使いました。橋の欄干のうえにいたものです。こんなやつです。
http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/350.html
これ、たぶん狛犬だと思うんですけど…
12年後の戌年には、天満宮の狛犬をぜひ使いたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:yuko
狛犬可愛いですね☆ここまでシンプルで人の心動かせる作品ってあまりないですね。
投稿者:たくき
はじめまして。そのたくきです。
拙著『狛犬かがみ』のダイジェスト部分までしっかり見ていただいていて、嬉しい限りです。
盛岡天満宮の啄木狛犬に遭遇したのはもうずいぶん前のことです。知っていて訪ねたのではなく、市内を回っているうちに偶然「あ、こんなところにも神社がある。ついでに寄ってみようか」という感じでたどり着きました。変な狛犬がいて、それが円丈本にも載っている「啄木狛犬」だと知ったのは後になってからでした。
この狛犬、女性に人気が高いんですよ。何度か年賀状にも使いました。


http://komainu.net/
投稿者:わきた・けんいち
AKiさん、こんばんは〜。コメントをくださいり、ありがとうございます。『aki's STOCKTAKING』では、バナナブックスのワールドアーキテクチュアーシリーズ「オルタ邸」をご紹介されていたましたね。今回の『狛犬かがみ』は、それと別のジャパネスクシリーズなんですね。この『狛犬のかがみ』、入手したいなあと思っています。ところで、バーナーの写真とは、一番トップの写真のことですね。なんだか、お褒めいただいたようで、とっても嬉しいです。でも、ちょっと、左下のほうに傾むいています。琵琶湖の風景を撮影して思うようになったのですが、水平をきちんと確保して撮影しようと思うと、本当に大変であることを知りました。ちなみに、この写真は、琵琶湖の東側(湖東)の愛知川という河川の河口のあたりの写真です。なんだか、モンスーン的な雰囲気が伝わってきて、いいな〜と思い撮影しました。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:AKi
脇田さん、どうもです。
「狛犬かがみ」を出版したバナナブックスは古くから
の友人の石原さんの会社です。今まで、狛犬に興味を
持つようなことはなかったのですが、この本でちょっ
と興味を持ちました。
ところで、一番上のバーナーの写真、きれいですね。

http://landship.sub.jp/stocktaking/

SINCE 2005/1/21

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

BOOK


   キーワードは
 「階層化された流域管理」

 「環境ガバナンスの社会学」
   『環境社会学研究』

『よくわかる環境社会学』

twitter

facebook

JEDI


JEDI
( Japan Earth Diving Institute)

MESSAGE BOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ