Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」

おいでやす!! よぅ来てくれはりました。ここは わきた・けんいち のBlog ですぅ。どうぞ よろしゅうに。

 

CALENDER

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

LINKS


 【IWATE】
 イワテバイクライフ
 イワテライフ日記
 クマゴロウのテリトリー
 懐かし生活雑貨の店
 平孝HomePage

 いわての散歩道
 農家の嫁の事件簿
 ロジデリ
 岩手子ども環境研究所
 ストリームバンク
 The North Angler
 マニハチ
 岩手県立大学
 岩手県庁
 交流居住のすすめ岩手県
 代表・吉成のときどき日記
 森風ブログ
 新米大学教員日記@岩手
 ----------
 【MORIOKA】
 てくり
 流れる雲を友に
 もりおか地域SNS
 藍blogU
 盛岡心情
 盛岡心情2
 盛岡心情3
 桜山人情商店街を応援し隊
 盛岡絶賛系 沢野日記
 ----------
 【MIYAGI】
 Magical-K
 アンはのぼる
 結城登美雄「地元学」
 ----------
 【CHIBA】
 松戸・まちづくり コラボ
 世のため人のために駆け回ろう
 ラブマツ
 とん吉@yossyの日記なのです
 新鮮野菜を極める!!
 珈琲屋めいぷる
 フレンチレストラン 田島亭
 ----------
 【TOKYO】
 Kai-Wai散策
 aki's STOCKTAKING
 My Place
 MADCONNECTION
 af_blog
 Cen’s LoveGarden
 LOVEGARDEN
 谷中M類栖
 N的画譚
 Neontica
 Roc写真箱
 漂泊のブロガー2
 トイミサイル
 みどりの大冒険
 東京クリップ
 らくん家
 う・らくん家
 らっきょ委員会
 アコーディオンデュオ
 『Sarasa』

  bs@web
  かばんやえいえもん
  なかのくみ茜日記
 ----------
 【CYUKYOU】
 アツマールぎふ
 ----------
 【KANSAI】
 勝手にRECOMMEND
 小吹隆文 アートのこぶ〆
 藤野正弘の京都まち暮らし
 ロゼッタへの道
 sociologbook
 MY Favorite Things
 龍谷大学
 関西岩手県人会
 関西宮沢賢治の会
 マイファーム日記
 高槻ジャズストリート
 こぐれ日常
 冬虫仮装館の秘密
 大阪あそ歩
 ----------
 【SHIGA / LAKE BIWA】
 「環境社会学/地域社会論
  琵琶湖畔発」

 大津まち歩記
 学芸員のたまご
 レイクスターズ
 滋賀レイクスターズ
 ブースターズブログ

 びわこJazzフェスティバル
 滋賀県立琵琶湖博物館
 滋賀県庁
 琵琶湖環境科学研究センター
 鰍ンらいもりやま21
 ----------
 【Otsu】
 おおつSNS
 利やん
 大津ジャズフェスティバル
 大津エンパワねっと
  旧大津公会堂レストラン
  NPO法人大津祭曳山連盟
  (株)まちづくり大津
  京阪大津線
  ----------
 【Kyusyu】
 A LIFE IN KUMAMATO
 山田裕一のかかし日記
 ----------
 環境社会学会
 日本社会学会
 日本村落研究学会
 ソシオロジ
 Theoretical Sociology
 Whoso is not expressly included
 内田樹の研究室
 樋口ヒロユキ
 ----------
 週間まちづくり
 地域SNS研究会
 団地百景
 公団ウォーカー
  谷根千ねっと
  ムラアカリをゆく

amazon


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Moon Phases


CURRENT MOON

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:わきた・けんいち
ハンモックですか、yukoさん。あそこだとハンモックも可能かな。部屋の天上もかなり高いので、屋根裏もかなり余裕がありますよ。ところで、屋根裏部屋もギャラリーでして、きちんと作品が展示されていました。一番上の写真、階段の右横の柱には、とても小さな作品が展示してありました。クリックして、拡大してご覧になると、そこに展示してあることだけはわかりますよ(^0^)。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:yuko
せんせい、点火のslow人さん、こんにちは。
色々とご説明いただき、ありがとうございます*^^*
それと「怖い」はそんなに深い意味ではなかったです、すみません。

写真やお話から、ギャラリーとしての活用にぴったりな感じが伺えます。暖炉は実際に使用しなくても、インテリアの一部としてつけているところも多いですよね。
屋根裏部屋の探検は、私もしてみたいです。写真を見る限りでは、かなり広そうですね。つい、ハンモックを吊るせそう、、、なんて思ってしまいます。
投稿者:わきた・けんいち
点火のslow人さん、こんにちは。いただきましたものは、yukoさんへのコメントですね。点火のslow人さん、私の不十分な説明を補っていただき、どうもありがとうございます。街の古老Mさんのお話し、確かにそうでした、そうでした。石井さんも、やはり畳でゴロリというのがよかったんでしょうかね(^^;;。

yukoさん、屋根裏部屋ですが、ガラーンとしているんですね、実際は。ギャラリーとして使用しているんですから、物置になっていると問題ですものね。それに、写真のように明かりとりの窓があります。ですので、点火のslow人さんがお書きになっているように、江戸川乱歩的・不気味な世界はどこにもなく、どちらかというと、私には、空につながつていくような気持のよい空間でした。ただし、夜になると、どうかというと…、それはわかりません(^^;;。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:点火のslow人
旧石井県令邸、明治19年の建築、正確には私邸として建てられたものなそうです。
1階と2階の床と小屋組は木造、壁は漆喰、各部屋には暖炉がありました。あんな小さな暖炉で部屋が暖まるのかと思いました。それと全室、洋室で和室は一室もありませんでした。
街の古老Mさんのお話ですと、県令は和室でくつろぎたかったのでしょうか、近くに和室のある家を造り、そちらに住むことが多かったようだとのことでした。
屋根裏部屋も一度、行ってみるとお分かりになると思いますが、いわゆる江戸川乱歩の世界の感じではありませんでした。(主観ですが・・)
投稿者:わきた・けんいち
こんにちは〜、コメントありがとうございます。yukoさんが怖いというのは、外観のことでしょうか。ええと、幽霊が出そうだとか…、そんな雰囲気が少しするということですね(^^)。歴史の長〜いということは、いろんな人がかかわっていることでもありますから、そこには何か“存在”しているのかもしまれせんね〜。見る人が見れば、この写真でも何か見えるのかもしれません。現地にいけば、感じる人は感じるのかもしません。もちろん、私のばあいは、鈍感ですからだめですけど。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:yuko
外観しか知らなかったのですが、中もきれいなんですね。屋根裏部屋もステキですね。でも見た目がちょっと怖いです。

SINCE 2005/1/21

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

BOOK


   キーワードは
 「階層化された流域管理」

 「環境ガバナンスの社会学」
   『環境社会学研究』

『よくわかる環境社会学』

twitter

facebook

JEDI


JEDI
( Japan Earth Diving Institute)

MESSAGE BOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ