Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」

おいでやす!! よぅ来てくれはりました。ここは わきた・けんいち のBlog ですぅ。どうぞ よろしゅうに。

 

CALENDER

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

LINKS


 【IWATE】
 イワテバイクライフ
 イワテライフ日記
 クマゴロウのテリトリー
 懐かし生活雑貨の店
 平孝HomePage

 いわての散歩道
 農家の嫁の事件簿
 ロジデリ
 岩手子ども環境研究所
 ストリームバンク
 The North Angler
 マニハチ
 岩手県立大学
 岩手県庁
 交流居住のすすめ岩手県
 代表・吉成のときどき日記
 森風ブログ
 新米大学教員日記@岩手
 ----------
 【MORIOKA】
 てくり
 流れる雲を友に
 もりおか地域SNS
 藍blogU
 盛岡心情
 盛岡心情2
 盛岡心情3
 桜山人情商店街を応援し隊
 盛岡絶賛系 沢野日記
 ----------
 【MIYAGI】
 Magical-K
 アンはのぼる
 結城登美雄「地元学」
 ----------
 【CHIBA】
 松戸・まちづくり コラボ
 世のため人のために駆け回ろう
 ラブマツ
 とん吉@yossyの日記なのです
 新鮮野菜を極める!!
 珈琲屋めいぷる
 フレンチレストラン 田島亭
 ----------
 【TOKYO】
 Kai-Wai散策
 aki's STOCKTAKING
 My Place
 MADCONNECTION
 af_blog
 Cen’s LoveGarden
 LOVEGARDEN
 谷中M類栖
 N的画譚
 Neontica
 Roc写真箱
 漂泊のブロガー2
 トイミサイル
 みどりの大冒険
 東京クリップ
 らくん家
 う・らくん家
 らっきょ委員会
 アコーディオンデュオ
 『Sarasa』

  bs@web
  かばんやえいえもん
  なかのくみ茜日記
 ----------
 【CYUKYOU】
 アツマールぎふ
 ----------
 【KANSAI】
 勝手にRECOMMEND
 小吹隆文 アートのこぶ〆
 藤野正弘の京都まち暮らし
 ロゼッタへの道
 sociologbook
 MY Favorite Things
 龍谷大学
 関西岩手県人会
 関西宮沢賢治の会
 マイファーム日記
 高槻ジャズストリート
 こぐれ日常
 冬虫仮装館の秘密
 大阪あそ歩
 ----------
 【SHIGA / LAKE BIWA】
 「環境社会学/地域社会論
  琵琶湖畔発」

 大津まち歩記
 学芸員のたまご
 レイクスターズ
 滋賀レイクスターズ
 ブースターズブログ

 びわこJazzフェスティバル
 滋賀県立琵琶湖博物館
 滋賀県庁
 琵琶湖環境科学研究センター
 鰍ンらいもりやま21
 ----------
 【Otsu】
 おおつSNS
 利やん
 大津ジャズフェスティバル
 大津エンパワねっと
  旧大津公会堂レストラン
  NPO法人大津祭曳山連盟
  (株)まちづくり大津
  京阪大津線
  ----------
 【Kyusyu】
 A LIFE IN KUMAMATO
 山田裕一のかかし日記
 ----------
 環境社会学会
 日本社会学会
 日本村落研究学会
 ソシオロジ
 Theoretical Sociology
 Whoso is not expressly included
 内田樹の研究室
 樋口ヒロユキ
 ----------
 週間まちづくり
 地域SNS研究会
 団地百景
 公団ウォーカー
  谷根千ねっと
  ムラアカリをゆく

amazon


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Moon Phases


CURRENT MOON

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
ぼんずさん、こんにちは。大阪の「食」満喫されていますか?明日、岩手に戻られるのでしょうか。ということは、今晩が、大阪最後の夕食ですね。今晩も、「粉食」?楽しんでくださいね。庶民が食べる「食」の平均値は、大阪はもともと高い地域だと思います。東京から来た人もそういいますね。でも、そうはいっても、長年、飽きずに食べてきたものが、自分のなかでは一番上位に位置づけられたりします。お好み焼きも、そんな感じなんでしょうね(^o^)。僕のばあいは、幼い頃からあちこちを転々としているので、あまりそのような感覚はないようです。まあ、いいんですけど、それはそれで、ちょっと寂しいものがありますね。僕も薀蓄を語って、「○○○は、こうでなくっちゃ」と言って見たい気もします(^^;;。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:ぼんず
551蓬莱の豚まん4つ買って二つ食べました。生地とかしっかりしていておいしいですね。豚まんといえばここというくらいに有名なので皆知ってましたし、梅田周りの百貨店ほとんどに支店がありました。(笑)
地下街をぐるぐる迷っているうちに何箇所で見たことか(笑)

大阪はきっと高価なおいしい食べ物もあるのでしょうが、僕みたいな中流下にもおいしいものがありつける、いい街ですね。

なんか、白龍じゃじゃ麺が食べたくなりました(笑)でも、明日やすみかぁ・・。
投稿者:ぼんず
さて、大阪と広島のものが別物というのは自分もそう思います。
「邪道」という評価はどこの時点と比較してなのかということになります。ある意味で改良を常に否定する言葉でもあるので引っ掛ります。
投稿者:わきた・けんいち
m-louisさん、さっそくお返事ありがとうございます。広島出身の奥様にとっては、そうでしょうね〜。わかりますよ、郷土愛。これはお雑煮に通じるものがあります。で、大阪出身のお好み党の人は、その逆なんですよね〜(^^;;。しかし、僕のように転勤族の息子は、そのあたりでも、どっちつかずになってしまいます。

たとえば、wikipediaの解説なんてのは、その薀蓄の長さからして、人びとのお好み焼きに対する情熱をものすごく感じさせるものですね。ラーメンに対するのと同じだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E5%A5%BD%E3%81%BF%E7%84%BC%E3%81%8D

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:m-louis
広島風と大阪風は僕も別物別解釈です。
しかし、「お好み焼き」と一言で言ってしまったときに、妻にとってそれはあくまで広島風を指すようで、そして決して「広島風」とは言わないみたいなんですね。
つまり、大阪風のお好みは「大阪風お好み焼き」で、広島のはただの「お好み焼き」。そこには結構こだわりがあるようです。
もちろんその逆もあることでしょう。
ただ、僕はそういう地域自慢的こだわりは案外嫌いじゃありません(笑)
投稿者:わきた・けんいち
m-louisさん、了解しました。やはり、最初の解釈でよかったんですね〜。ところで、広島風のお好み焼きなんですが、僕の認識のなかでは、大阪風のお好み焼きと、広島風のお好み焼きでは、同じお好み焼きとはいっても、かなり違った食べ物のように認識しています。僕は、広島風のお好み焼きも大好きなんです。広島市にも5年ほどすんでいたのですが、僕的には、大阪風と広島風は違う食べ物だと思うことで、無用な争いを避けることにしています(^^;;。だって、両方とも美味しいですからね!!

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:m-louis
わきたさん、紛らわしい書き方して、スンマセン。
僕のコメントはわきたさんの最初の捉え方の方が「正」です。確かに東京で食べるのも邪道っちゃ、邪道ですが、それ以前に鶴橋風月のお好み自体が邪道っぽいと思ってました。

モダン焼きのあの玉子麺も大好きなんですが、それを他所からやってきた人にこれが大阪の定番なんて教えては絶対まずいです。

ただ、それとは別にうちの妻は広島県人なもんで、そもそも大阪のお好み自体が邪道なんですけどね(と、また紛らわしいこと書いてる>笑)
投稿者:わきた・けんいち
m-louisさん、僕のほうが、なんだか勘違いをしていたようですね。大阪のお好み焼きを、わざわざ東京で食べることが邪道だとのご指摘ですよね、お書きになったことの意味は。僕のばあいは、高級化したお好み焼き、美味しいけれど、これでいいのかな…という意味での邪道でした。とても美味しい1200円するハンバーガーとかね(^^;;。


http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:わきた・けんいち
ぼんずさん、コメントありがとございます。「えさが下がりすぎている」とは、なんとも贅沢な感じですね〜(^0^)¥。「551蓬莱の豚まん」ですが、デパ地下で買うことができますよ〜。本文の終わりのほうにあるリストをご覧ください。リンク張ってあります。それから、「ネギ焼きの山本」ですが、あれはたしか十三ではなかったでしょうか。阪急梅田から2駅、淀川を渡った十三という駅まで行く必要があったように思います。ネギ焼き、美味しいですよね〜。柔らかく煮込んだ牛スジと、たしかコンニャクも入っていましたかね。レモン醤油であっさりいただく、そんな感じだった思います。これも、いけますよ。こういうふうに考えていくと、いろいろ食べなきゃいけないものがたくさんあって迷ってしまいますね〜たしかに。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:わきた・けんいち
「谷中発似非関西人」のマスクをとったm-louisさん、どうも〜!いや〜なんといいますか、感服していただくようなたいしたことでもないのですが、関西でいうところの「嬉しがり」というやつでして(^^;;;。ところで、風月は「大阪のお好み焼き」としては邪道だと…。通常の街のなかのお好み焼き屋さんを標準値とすると、いささか手を入れすぎているかもしれませんね〜。それに高い。お好み焼きが、関西のB級グルメ的な存在であるとすれば、B級はB級なりの美味しさと価格と論理があるはずですからね〜。豚玉モダンだと、600円ぐらいできちんと美味しく満足がいかないとダメだ、というふうにも思います(^^;;。「どっちの料理ショー」に出てくる「高級」食材を使った「庶民」料理に、?がいっぱい…というのに似ていますね。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
1|2

SINCE 2005/1/21

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

BOOK


   キーワードは
 「階層化された流域管理」

 「環境ガバナンスの社会学」
   『環境社会学研究』

『よくわかる環境社会学』

twitter

facebook

JEDI


JEDI
( Japan Earth Diving Institute)

MESSAGE BOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ