Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」

おいでやす!! よぅ来てくれはりました。ここは わきた・けんいち のBlog ですぅ。どうぞ よろしゅうに。

 

CALENDER

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

LINKS


 【IWATE】
 イワテバイクライフ
 イワテライフ日記
 クマゴロウのテリトリー
 懐かし生活雑貨の店
 平孝HomePage

 いわての散歩道
 農家の嫁の事件簿
 ロジデリ
 岩手子ども環境研究所
 ストリームバンク
 The North Angler
 マニハチ
 岩手県立大学
 岩手県庁
 交流居住のすすめ岩手県
 代表・吉成のときどき日記
 森風ブログ
 新米大学教員日記@岩手
 ----------
 【MORIOKA】
 てくり
 流れる雲を友に
 もりおか地域SNS
 藍blogU
 盛岡心情
 盛岡心情2
 盛岡心情3
 桜山人情商店街を応援し隊
 盛岡絶賛系 沢野日記
 ----------
 【MIYAGI】
 Magical-K
 アンはのぼる
 結城登美雄「地元学」
 ----------
 【CHIBA】
 松戸・まちづくり コラボ
 世のため人のために駆け回ろう
 ラブマツ
 とん吉@yossyの日記なのです
 新鮮野菜を極める!!
 珈琲屋めいぷる
 フレンチレストラン 田島亭
 ----------
 【TOKYO】
 Kai-Wai散策
 aki's STOCKTAKING
 My Place
 MADCONNECTION
 af_blog
 Cen’s LoveGarden
 LOVEGARDEN
 谷中M類栖
 N的画譚
 Neontica
 Roc写真箱
 漂泊のブロガー2
 トイミサイル
 みどりの大冒険
 東京クリップ
 らくん家
 う・らくん家
 らっきょ委員会
 アコーディオンデュオ
 『Sarasa』

  bs@web
  かばんやえいえもん
  なかのくみ茜日記
 ----------
 【CYUKYOU】
 アツマールぎふ
 ----------
 【KANSAI】
 勝手にRECOMMEND
 小吹隆文 アートのこぶ〆
 藤野正弘の京都まち暮らし
 ロゼッタへの道
 sociologbook
 MY Favorite Things
 龍谷大学
 関西岩手県人会
 関西宮沢賢治の会
 マイファーム日記
 高槻ジャズストリート
 こぐれ日常
 冬虫仮装館の秘密
 大阪あそ歩
 ----------
 【SHIGA / LAKE BIWA】
 「環境社会学/地域社会論
  琵琶湖畔発」

 大津まち歩記
 学芸員のたまご
 レイクスターズ
 滋賀レイクスターズ
 ブースターズブログ

 びわこJazzフェスティバル
 滋賀県立琵琶湖博物館
 滋賀県庁
 琵琶湖環境科学研究センター
 鰍ンらいもりやま21
 ----------
 【Otsu】
 おおつSNS
 利やん
 大津ジャズフェスティバル
 大津エンパワねっと
  旧大津公会堂レストラン
  NPO法人大津祭曳山連盟
  (株)まちづくり大津
  京阪大津線
  ----------
 【Kyusyu】
 A LIFE IN KUMAMATO
 山田裕一のかかし日記
 ----------
 環境社会学会
 日本社会学会
 日本村落研究学会
 ソシオロジ
 Theoretical Sociology
 Whoso is not expressly included
 内田樹の研究室
 樋口ヒロユキ
 ----------
 週間まちづくり
 地域SNS研究会
 団地百景
 公団ウォーカー
  谷根千ねっと
  ムラアカリをゆく

amazon


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Moon Phases


CURRENT MOON

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
こんばんは、琵琶湖さん。なんだか、すごく立派なハンドルネームですね!!琵琶湖さんは、小学校5年生なんですね。滋賀県の小学生ですか?もし、滋賀県の小学生だったら、5年生は「うみのこ」という船にのって滋賀県の自然やびわ湖のことをいろいろと勉強しますよね。琵琶湖さんは、どうなのでしょうね?
さて、琵琶湖のことを勉強するよいサイトについてのお尋ねですので、僕がしるかぎりのことをお伝えいたします。まず、琵琶湖全般であれば、滋賀県庁の琵琶湖環境部の以下のページが便利です。ここでは、琵琶湖に関する様々なことを学ぶことができます。小学生にも、わかりやすく書いてあると思いますよ。
http://www.pref.shiga.jp/biwako/koai/
また、滋賀県立琵琶湖博物館のホームページも役立つはずです。
http://www.lbm.go.jp/
ところで、琵琶湖さんは、社会科の授業で、琵琶湖のどんなことについて勉強しているのでしょうか。もし、よければ教えてください。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:琵琶湖
私は今5年なんですけど・・・社会で琵琶湖のことを勉強しているんです。
何かいいサイトがあったら教えてください!
お願いします!!!
どうも、「あるある」じゃなかったんですね、yukoさん。「自分の撮りたいものと求められているものとが違いすぎて」というのは、よくわかる話しですよね〜。業界は違っても、同じような現象はおこるような気がしますね。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:yuko
コメントを書くときには、「あるある」のことはすっかり私の頭の中から消えていましたが、そういう意味にも解釈できますね。ご飯の代わりに納豆を食べたらヤセそうですけど。
以前、番組ディレクターをされていた方がおっしゃっていたのですが、自分の撮りたいものと求められているものとが違いすぎて、結局その仕事を辞めたのだそうです。なんとなく、そのことを思い出しました。
遠くへ出かけてサーフィンをするのではなくて、地元の海に日常生活の中や、日常生活の延長線上で楽しめるというのは、なんとも贅沢ですね。いつかは始めたいって、そうですか!やる気になっているんですね〜!!すばらしい。
メディアについてですが、「メディア汚染」という人がいます(^^;。メディアリテラシーの問題とも関係しますが、環境−メディアという問題ですね。「堅すぎると視聴率もとれないでしょうし^^;」って、「あるある」の
「納豆問題」のこと念頭に置かれてお書きになっているでしょう〜(^0^)ゞ。
これから、サーフィンをしようという人が、「年がバレてしまいます、、、」とは!このブログにコメントをくださる皆さんの平均年齢からすると、もう、無茶苦茶お若いわけ(一世代近くお若い…)ですからね。「私もしっかりオバさん」と書かれると、「わしら、爺や婆はどうしたらんいいんじゃ〜」というクレームが聞こえてきそうですよ(^^;;。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:yuko
地元ではサーファーはすごく多いですね。私もいつかは始めたいと思っています。他のマリンスポーツもそこそこやってるようです。

仰るように、メディアは危機感をあおって終わり、というパターンが多いように感じますね。本来なら、そこから議論を交わしていけるといいのだと思いますが、限界もあるのでしょうか。堅すぎると視聴率もとれないでしょうし^^;
>もう6年ぐらい前・・・
それを言われちゃうと、年がバレてしまいます、、、でも仕方がないですね〜。子持ちだし、私もしっかりオバさんです。
想像以上に楽しいですから、ぜひ先生も機会を見つけて・・・>yukoさん。若いときから、この手のアウトドアは嫌いじゃなくてむしろ好きなほうなのですが、結局、きちんと経験するチャンスがありませんでした。出張で西表島にいったとき、シーカヤックみましたよ。見ていて実に楽しそうでした〜!!yukoさんがお住いの三陸地方も、シーカヤックって盛んなんですか?サーフィンはけっこうやっていますね。

さて、琵琶湖の環境ですが、けして楽観視できる状況ではないのですが、おそらくはyukoさんが想像しているようなことはないと思います。メディアの報道によってつくりだされるイメージというのがありますからね。やはり、いつかご自身でご覧になってみてください。これは一般論なんですが、メディアの報道によるイメージによって「もうだめだ…」「どうせ何をしても…」と思い込む(見捨ててしまう)ことが、結果として、様々な社会問題の解決にとってマイナスに作用することになりかねません。これは、環境問題に限らず社会問題一般にもいえることでしょうか。そういう意味では、このブログも少しは役にたっているということですね(^^;;。ああ、「講義」って書いてありますけど、もう6年ぐらい前になってしまいますかね。時間がたつのは本当にはやいね(^^;;。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:yuko
カヤックをする人ではないのですが、シーカヤックを少しと、ゴムボートやカヌーで川下りを体験させていただいたことがあります。もちろん、一人では怖いので、プロの方のご指導のもと、また体験してみたいと思っています。想像以上に楽しいですから、ぜひ先生も機会を見つけて・・・。
漁師さんたちが遭難してしまうほど波が高いこともあるのですね。
琵琶湖に対してのイメージは、以前、なんだか汚そう…という印象がありましたが(すみません--;)、先生の講義やブログのおかげで随分印象が変わりました。いつか拝見したいです。
ひょっとして、カヤックをやる方なんでしょうか、yukoさんは?僕は経験したことがありません。うらやましいなあと思いながらも、怖そう〜とビビッています。こんな日に自分がカヤックを漕ぐことは想像できません(^^;;。

琵琶湖のことを、地元の人は「ウミ」と呼びます。まあ、それほど広いわけなんですよね。冬は特に季節風が強く、白い三角の波がたちます。そうなると、漁師さんたちも出漁しません。遭難しちゃいますからね。僕は、冬の琵琶湖が好きです。一年のうちで一番美しいと思います。琵琶湖は逃げませんので、滋賀にいらっしゃるときには、ぜひ連絡してください。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:yuko
写真だけ拝見すると海のようです。波がけっこう高いのですね。カヤックに挑戦してみたいです。波を乗り越えていくなんて、とっても楽しそう。
冬の琵琶湖、今年は無理なので来年か再来年、またはそれ以降にでも…その時はよろしくお願いいたします。

SINCE 2005/1/21

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

BOOK


   キーワードは
 「階層化された流域管理」

 「環境ガバナンスの社会学」
   『環境社会学研究』

『よくわかる環境社会学』

twitter

facebook

JEDI


JEDI
( Japan Earth Diving Institute)

MESSAGE BOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ