Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」

おいでやす!! よぅ来てくれはりました。ここは わきた・けんいち のBlog ですぅ。どうぞ よろしゅうに。

 

CALENDER

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

LINKS


 【IWATE】
 イワテバイクライフ
 イワテライフ日記
 クマゴロウのテリトリー
 懐かし生活雑貨の店
 平孝HomePage

 いわての散歩道
 農家の嫁の事件簿
 ロジデリ
 岩手子ども環境研究所
 ストリームバンク
 The North Angler
 マニハチ
 岩手県立大学
 岩手県庁
 交流居住のすすめ岩手県
 代表・吉成のときどき日記
 森風ブログ
 新米大学教員日記@岩手
 ----------
 【MORIOKA】
 てくり
 流れる雲を友に
 もりおか地域SNS
 藍blogU
 盛岡心情
 盛岡心情2
 盛岡心情3
 桜山人情商店街を応援し隊
 盛岡絶賛系 沢野日記
 ----------
 【MIYAGI】
 Magical-K
 アンはのぼる
 結城登美雄「地元学」
 ----------
 【CHIBA】
 松戸・まちづくり コラボ
 世のため人のために駆け回ろう
 ラブマツ
 とん吉@yossyの日記なのです
 新鮮野菜を極める!!
 珈琲屋めいぷる
 フレンチレストラン 田島亭
 ----------
 【TOKYO】
 Kai-Wai散策
 aki's STOCKTAKING
 My Place
 MADCONNECTION
 af_blog
 Cen’s LoveGarden
 LOVEGARDEN
 谷中M類栖
 N的画譚
 Neontica
 Roc写真箱
 漂泊のブロガー2
 トイミサイル
 みどりの大冒険
 東京クリップ
 らくん家
 う・らくん家
 らっきょ委員会
 アコーディオンデュオ
 『Sarasa』

  bs@web
  かばんやえいえもん
  なかのくみ茜日記
 ----------
 【CYUKYOU】
 アツマールぎふ
 ----------
 【KANSAI】
 勝手にRECOMMEND
 小吹隆文 アートのこぶ〆
 藤野正弘の京都まち暮らし
 ロゼッタへの道
 sociologbook
 MY Favorite Things
 龍谷大学
 関西岩手県人会
 関西宮沢賢治の会
 マイファーム日記
 高槻ジャズストリート
 こぐれ日常
 冬虫仮装館の秘密
 大阪あそ歩
 ----------
 【SHIGA / LAKE BIWA】
 「環境社会学/地域社会論
  琵琶湖畔発」

 大津まち歩記
 学芸員のたまご
 レイクスターズ
 滋賀レイクスターズ
 ブースターズブログ

 びわこJazzフェスティバル
 滋賀県立琵琶湖博物館
 滋賀県庁
 琵琶湖環境科学研究センター
 鰍ンらいもりやま21
 ----------
 【Otsu】
 おおつSNS
 利やん
 大津ジャズフェスティバル
 大津エンパワねっと
  旧大津公会堂レストラン
  NPO法人大津祭曳山連盟
  (株)まちづくり大津
  京阪大津線
  ----------
 【Kyusyu】
 A LIFE IN KUMAMATO
 山田裕一のかかし日記
 ----------
 環境社会学会
 日本社会学会
 日本村落研究学会
 ソシオロジ
 Theoretical Sociology
 Whoso is not expressly included
 内田樹の研究室
 樋口ヒロユキ
 ----------
 週間まちづくり
 地域SNS研究会
 団地百景
 公団ウォーカー
  谷根千ねっと
  ムラアカリをゆく

amazon


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Moon Phases


CURRENT MOON

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
『今井町史』、勤務先の図書館に入っていました!さっそく、借りみることにします。楽しみ、楽しみ(^0^)。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:わきた・けんいち
ryotaさん、こんにちは。昨日、今町を訪れたさいに『今井町 甦る自治都市 町並み保存とまちづくり』(八甫谷邦明・著)という本を購入しました。この本を読み始めているところですが、ここには今井町のような寺内町について、「寺内町は『御坊』を中心に計画的に町家を配し、周囲に土塁や濠を築いた防衛都市である。その建設は中世土地の歴史に新たなページを開いたもので、近世城下町の原型と評価されている。特に浄土真宗は北陸と近畿に多くの寺内町を営んだ。彼らは念仏宗の流れを汲み、『阿弥』号を持つ芸能の徒を数多く抱えていたためか、建築や都市建設に有能であった。」とあります。町割りやインフラの整備などは、この引用のなかにある職能民の方たちが関係していたのかもしれません。このあたりは、被差別の問題とも関係してますし、中沢さんの叔父さんである網野善彦さんの研究も関連してきます。こういったあたり、中沢さんが大坂版アースダイバーのなかで展開してくださると、読者としては、とてもうれしくなってきます。中世の城郭建築や都市建設を専門とする職能民とはどのような人たちだったのでしょうね。私は知識をもち合わせていませんし、まるっきりド素人なのですが、素人なりに勉強したくなってきました。

ところで、「背割りが設けられる町は低湿地であることが多い」とお書きになっていますが、水をうまくコントロールしやすいところとなると、低湿地ってことになりますよね。たしかに。かつての今井町の全景を撮影した航空写真をみると、一面の水田です。もともと藤原京があったところです。このあたりと低湿地との関係についても、気をつけておきたいと思います。やはり『町史』を、とりあえずは読まないといけないかもしれませんね(^^;;。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:ryota
(追加させてください)
背割りが設けられる町は低湿地であることが多いと思います。
水運に適した水辺やもしくは農業的な生産性の悪い土地とか。
投稿者:ryota
わきたさん、ぼくの言葉足らずで何かを催促するようなコメントになっていたらすみません。

僕の問題意識は町割りやインフラでその町の計画者が商工業をどう見ているかがわかるんじゃないかということです。

背割りがあるということは経済活動に適した町割りや生活に不可欠な水インフラをあらかじめ整えようという姿勢の表れだとおもいます。

琵琶湖畔なら元安土城、城下町を移転した近江八幡が典型的だと考えてます。

安土城周辺はさらに、アースダイブのポイントになるのではないでしょうか。安土城は内湖に突き出た岬のような場所にあるし古墳も近くにある。実際にカイツブリもいるだろうし

あとは本願寺対信長とは一体何なんだろうというのがあります。が、全く手に負えそうにありません。大坂版アースダイバーが出るとしたら中沢新一さんに書いて欲しいところです。
投稿者:脇田健一
misakkiくん。君のいる名古屋からだと、たとえば、三重県の関などは、よいかもしれませんね。ここも、重要伝統的建造物群保存地区です。
http://www.jal-foundation.or.jp/html/keikan/backnumber/keikan10.htm
misakkiくん、君がコメントに書いているように、たしかに「地域を運営するのは難しい」わけですが、それでも皆さん、懸命に地域づくりに取り組んでおられます。やりがいや充実感のある仕事だからだと思います。ときに、「どうして、こんなことせんといかんのか」と自問自答されるわけですが、それでも地域づくりを継続されています。misakki君が、「地域に貢献したくなってきた」というのはよくわかります。でも、現在の仕事を継続しながら、一般市民として地域づくりに参加するということは可能です。多くの人々は、そうやって仕事をしながら地域づくりに取り組んでいます。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:misakki
残念ながら、伊勢神宮付近を見て帰ってきました…。

思いつきの駆け出しの旅だったので。
最近いろんなとこにいってます。
丹後、琵琶湖周辺、伊勢。レンタカーでいけて、お勧めの場所あったら教えてください。

とある場所で先生をやっている先輩の話を聞きましたが、地域社会や地域の家庭って様々な問題をもってますよね。少し調べたら地域って衰退してる、地域を運営するのは難しいなと感じているこのごろです。

企業利益よりも地域に貢献したくなってきたmisakkiです。
仕事は楽しみ、しっかり頑張ってますけどね笑
ryotaさん、こんにちは。ryotaさんは、歴史や建築等にかなりお詳しいようですね。私は、まったくの素人でして、ryotaさんの問題意識に追いつけていません(^^;;。その点はご容赦ください。さて、今井町ですが、主要道路が東西に通っていて、この通りにそってズラズラっと建てられていますが、この表ではなくて建物の裏側に排水路(背割り排水路)が設けられていたようですね(実際この眼で確認できませんでしたが…)。この背割り排水については、福井県の大野市で拝見しました。いつの時代も水は地域計画の基本ですね。下が、大野市を紹介したページです。
http://www.fujiclean.co.jp/story/vol21/part203.html

ところで、今井町も一向宗(現在の浄土真宗)の寺院(道場)を中心に発展した城塞都市だったようですが、一向宗による都市計画や都市建設の技術のなかで、この背割りがどのように位置づけられているのでしょうね。私としては、ryotaさんに教えていただきたいところです(^0^)ゞ。なにか、ここから見えてきそうなきがします。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
misakki君、こんばんは。1年生の担当は、今の職場に来てからは初めてです。なかなか楽しいものですね。ところで、misakki君のご指摘のとおり、宇陀市大宇陀区松山地区は、君とゼミ仲間だった仲川さんが卒論の調査を行ったところです。仲川さんのおかげで、現地実習をさせていただけることになりました。misakki君は、伊勢ですか!伊勢もまちづくりに熱心に取り組んでいる地域ですよ。どこか散策されましたか?

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
光代さん、こんばんは。「現地実習」からさきほど帰ってきました。光代さんがお住いになっていた所って、ひととおりお聞きしたように思いましたが、橿原にもお住いでしたか!!半日だけの滞在でしたが、今井町の「今井町街並み保存会」の会長さんや、NPO法人「今井まちなみ再生ネットワーク」の理事長さんからお話しを伺うことができました。そのこと中心に、レポートしたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:ryota
今井町にも背割りの排水路があるみたいですね。特に珍しい技術でもないのかな。

信長、秀吉は一向宗門徒の寺内町からいいとこどりして城下町をつくっているのかな?

歴史をきちんと学んでこなかったのですが、
このブログおかげで学習意欲が刺激されております。
1|2

SINCE 2005/1/21

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

BOOK


   キーワードは
 「階層化された流域管理」

 「環境ガバナンスの社会学」
   『環境社会学研究』

『よくわかる環境社会学』

twitter

facebook

JEDI


JEDI
( Japan Earth Diving Institute)

MESSAGE BOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ