Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」

おいでやす!! よぅ来てくれはりました。ここは わきた・けんいち のBlog ですぅ。どうぞ よろしゅうに。

 

CALENDER

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

LINKS


 【IWATE】
 イワテバイクライフ
 イワテライフ日記
 クマゴロウのテリトリー
 懐かし生活雑貨の店
 平孝HomePage

 いわての散歩道
 農家の嫁の事件簿
 ロジデリ
 岩手子ども環境研究所
 ストリームバンク
 The North Angler
 マニハチ
 岩手県立大学
 岩手県庁
 交流居住のすすめ岩手県
 代表・吉成のときどき日記
 森風ブログ
 新米大学教員日記@岩手
 ----------
 【MORIOKA】
 てくり
 流れる雲を友に
 もりおか地域SNS
 藍blogU
 盛岡心情
 盛岡心情2
 盛岡心情3
 桜山人情商店街を応援し隊
 盛岡絶賛系 沢野日記
 ----------
 【MIYAGI】
 Magical-K
 アンはのぼる
 結城登美雄「地元学」
 ----------
 【CHIBA】
 松戸・まちづくり コラボ
 世のため人のために駆け回ろう
 ラブマツ
 とん吉@yossyの日記なのです
 新鮮野菜を極める!!
 珈琲屋めいぷる
 フレンチレストラン 田島亭
 ----------
 【TOKYO】
 Kai-Wai散策
 aki's STOCKTAKING
 My Place
 MADCONNECTION
 af_blog
 Cen’s LoveGarden
 LOVEGARDEN
 谷中M類栖
 N的画譚
 Neontica
 Roc写真箱
 漂泊のブロガー2
 トイミサイル
 みどりの大冒険
 東京クリップ
 らくん家
 う・らくん家
 らっきょ委員会
 アコーディオンデュオ
 『Sarasa』

  bs@web
  かばんやえいえもん
  なかのくみ茜日記
 ----------
 【CYUKYOU】
 アツマールぎふ
 ----------
 【KANSAI】
 勝手にRECOMMEND
 小吹隆文 アートのこぶ〆
 藤野正弘の京都まち暮らし
 ロゼッタへの道
 sociologbook
 MY Favorite Things
 龍谷大学
 関西岩手県人会
 関西宮沢賢治の会
 マイファーム日記
 高槻ジャズストリート
 こぐれ日常
 冬虫仮装館の秘密
 大阪あそ歩
 ----------
 【SHIGA / LAKE BIWA】
 「環境社会学/地域社会論
  琵琶湖畔発」

 大津まち歩記
 学芸員のたまご
 レイクスターズ
 滋賀レイクスターズ
 ブースターズブログ

 びわこJazzフェスティバル
 滋賀県立琵琶湖博物館
 滋賀県庁
 琵琶湖環境科学研究センター
 鰍ンらいもりやま21
 ----------
 【Otsu】
 おおつSNS
 利やん
 大津ジャズフェスティバル
 大津エンパワねっと
  旧大津公会堂レストラン
  NPO法人大津祭曳山連盟
  (株)まちづくり大津
  京阪大津線
  ----------
 【Kyusyu】
 A LIFE IN KUMAMATO
 山田裕一のかかし日記
 ----------
 環境社会学会
 日本社会学会
 日本村落研究学会
 ソシオロジ
 Theoretical Sociology
 Whoso is not expressly included
 内田樹の研究室
 樋口ヒロユキ
 ----------
 週間まちづくり
 地域SNS研究会
 団地百景
 公団ウォーカー
  谷根千ねっと
  ムラアカリをゆく

amazon


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Moon Phases


CURRENT MOON

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
あきさん、速攻でのお返事、ありがとうございます。さっそくといいますか、このコメントをいただく前に、ちょどさきほど最新エントリーを拝見したところです。僕も、いろいろ努力してみます。
投稿者:あき
はあ、あれはそういうコメントだったんですねw。で、さっそく、新しいエントリーで授業での使用方法について載せておきましたよー。ではでは。
(^^;;;…あきさん、こんばんは。アルファベットの「Akiさん」と、ひらがなの「あきさん」がいらっしゃるので、なかなか難しいわけですが、ひらがなの「あきさん」どうも、どうも。引用の件、そちらのブログで申告させていただきました。どうぞ、許してくだされ〜m(--)v。しかし、あきさんも、かなりの積極的にご自分のライフスタイルのなかでiPodを有効に使っておられますね〜。いや〜以前からですが、この徹底したところとっても尊敬します!!
投稿者:あき
わっきー、メール引用しないでよー、もうびっくりしたーw。たしかにtouchも欲しいけど、iPod w/video ほど使わなさそう。ちなみに小生はiTune用に増設したHDDは600GBで、すでにiTune用のファイルだけで 140GB使っていますよ。今日は授業でiPodのムービーを使いました。
yukoさん、こんばんは。季節の変わり目でしょうか、体調を壊してしまい、今日は用心して休養していました。お返事遅くなり申し訳ありません。で、yukoさんもおなじ悩みをかかえておられるのですね〜。でも、↓にコメントをいただきました古くからのMacユーザーの皆様は、touchとclassicとは別ものというお考えのようですね。別もののどちらが、自分のライフスタイルにはぴったりなのか、そのあたりでしょうか、決め手となるポイントは。
投稿者:yuko
>touchかclassicか?
私も実は、同じテーマでずっと迷っているところです。私の職場でも意見が分かれているところです。
個人的には、容量が多くて、安価なclassicはちょうど買い頃・・・、 touchはまだ待ちかな〜、と勝手に思っています。
Akiさん、コメントありがとうございます。iGaさん、fuRuさん、Akiさん、三役揃踏のように連続してコメントをいただき、恐縮です。で、一個ずつということは、最終的には二個ということですよね(^^;;。Aki隊長のご指摘を真摯に受け止め、近日中に結論を出せるようにいたします(^0^)v。
投稿者:AKi
私もそう思いますです。
そのようにお迷いになってはいけません。ここのところ、二個とはいいません、一個ずつでいいのではないでしょうか。

http://landship.sub.jp/stockataking/
fuRuさん、こんにちは。そうなんですよね〜、「全然別のものですから」どちらにするのか、悩んでしまいますね。
iGaさん、ご登場くださいまして、ありかどうございます。「『touchとclassic』にすれば…」とのことですが、なんといいますか、個人的かつ財政的問題ですかね。個人的にはどうあれ、家族のなかでは…(^^;;。
1|2

SINCE 2005/1/21

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

BOOK


   キーワードは
 「階層化された流域管理」

 「環境ガバナンスの社会学」
   『環境社会学研究』

『よくわかる環境社会学』

twitter

facebook

JEDI


JEDI
( Japan Earth Diving Institute)

MESSAGE BOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ