Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」

おいでやす!! よぅ来てくれはりました。ここは わきた・けんいち のBlog ですぅ。どうぞ よろしゅうに。

 

CALENDER

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

LINKS


 【IWATE】
 イワテバイクライフ
 イワテライフ日記
 クマゴロウのテリトリー
 懐かし生活雑貨の店
 平孝HomePage

 いわての散歩道
 農家の嫁の事件簿
 ロジデリ
 岩手子ども環境研究所
 ストリームバンク
 The North Angler
 マニハチ
 岩手県立大学
 岩手県庁
 交流居住のすすめ岩手県
 代表・吉成のときどき日記
 森風ブログ
 新米大学教員日記@岩手
 ----------
 【MORIOKA】
 てくり
 流れる雲を友に
 もりおか地域SNS
 藍blogU
 盛岡心情
 盛岡心情2
 盛岡心情3
 桜山人情商店街を応援し隊
 盛岡絶賛系 沢野日記
 ----------
 【MIYAGI】
 Magical-K
 アンはのぼる
 結城登美雄「地元学」
 ----------
 【CHIBA】
 松戸・まちづくり コラボ
 世のため人のために駆け回ろう
 ラブマツ
 とん吉@yossyの日記なのです
 新鮮野菜を極める!!
 珈琲屋めいぷる
 フレンチレストラン 田島亭
 ----------
 【TOKYO】
 Kai-Wai散策
 aki's STOCKTAKING
 My Place
 MADCONNECTION
 af_blog
 Cen’s LoveGarden
 LOVEGARDEN
 谷中M類栖
 N的画譚
 Neontica
 Roc写真箱
 漂泊のブロガー2
 トイミサイル
 みどりの大冒険
 東京クリップ
 らくん家
 う・らくん家
 らっきょ委員会
 アコーディオンデュオ
 『Sarasa』

  bs@web
  かばんやえいえもん
  なかのくみ茜日記
 ----------
 【CYUKYOU】
 アツマールぎふ
 ----------
 【KANSAI】
 勝手にRECOMMEND
 小吹隆文 アートのこぶ〆
 藤野正弘の京都まち暮らし
 ロゼッタへの道
 sociologbook
 MY Favorite Things
 龍谷大学
 関西岩手県人会
 関西宮沢賢治の会
 マイファーム日記
 高槻ジャズストリート
 こぐれ日常
 冬虫仮装館の秘密
 大阪あそ歩
 ----------
 【SHIGA / LAKE BIWA】
 「環境社会学/地域社会論
  琵琶湖畔発」

 大津まち歩記
 学芸員のたまご
 レイクスターズ
 滋賀レイクスターズ
 ブースターズブログ

 びわこJazzフェスティバル
 滋賀県立琵琶湖博物館
 滋賀県庁
 琵琶湖環境科学研究センター
 鰍ンらいもりやま21
 ----------
 【Otsu】
 おおつSNS
 利やん
 大津ジャズフェスティバル
 大津エンパワねっと
  旧大津公会堂レストラン
  NPO法人大津祭曳山連盟
  (株)まちづくり大津
  京阪大津線
  ----------
 【Kyusyu】
 A LIFE IN KUMAMATO
 山田裕一のかかし日記
 ----------
 環境社会学会
 日本社会学会
 日本村落研究学会
 ソシオロジ
 Theoretical Sociology
 Whoso is not expressly included
 内田樹の研究室
 樋口ヒロユキ
 ----------
 週間まちづくり
 地域SNS研究会
 団地百景
 公団ウォーカー
  谷根千ねっと
  ムラアカリをゆく

amazon


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Moon Phases


CURRENT MOON

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:わきた・けんいち
m-louisさん。いのうえさんも“参戦”(?!)されて、そこにm-louisさんがお返事書かれるということで、このコメント欄、一層充実してきました。コメントありがとうございます。

さて、お爺様の作品と作品が描かれたころの映画の関係、いのうえさんのご推察、充分に考えられるとのことで、ちょっと興奮しています。で、僕のSF的っていう表現、大目に見てやってくださいねm(--)m。

また、丸井金猊の公式サイトに、あらたな記事をアップなさったようですね。さっそく拝見させていただくことにします。ご連絡、ありがとうございます

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:わきた・けんいち
シンパさん、こんにちは。大阪の軍艦アパート、その他、いろいろお世話になりました。お忙しくなさっていたようですね。

さて、丸井金猊画伯の作品ですが、シンパさんもm-louisさん宅でご覧になっているのですか。「様々な要素が入っているにもかかわらず何も邪魔をしてない、非現実的な絵」ということの意味、よくわかりますよ。

ところで、中華丼さんはお元気ですか?よろしくお伝えください。中華丼さんのお知り合い、ヴェトナム研究のSuzukiはとてもお元気にされています。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:シンパ
ご無沙汰しております。
昨年は何をしていたのか記憶に残ってる事も少なく、ようやく魂が自分の中に戻ってきたような状態で、突然横からの書き込み失礼します(汗

私もm-louisさんのご自宅へ伺った時に(ポスターの絵を)拝見したのですが、作品の大きさにも驚きましたが様々な要素が入っているにもかかわらず何も邪魔をしてない、非現実的な絵の虜になってしまいました。
作品を感じたり、言葉で表現するのが下手で申し訳ないのですが、色使いも素敵で本当に不思議な世界でした。
投稿者:m-louis
わきたさん、いのうえさん、その後のコメント展開、楽しく、且つ興味深く拝読させていただきました。「カフェ杏奴」のことは masaさんの『時差ボケ東京』関連エントリーなどでも大変気になってましたので、次々回の上京機会にでも行ってみたいと思います(たぶん次回は作品返却での上京で時間作れそうにありません>泪)。
あと、フリッツ・ラングの『メトロポリス』も未見なので、近いうちにDVD観て、改めて考えさせていただきます。祖父は映画館へも足繁く通っていたようですので、観ていた可能性も充分考えられるのではないかと思います。

今回の展示を通して、色々な方の金猊評を聞き、自分の中で考えを新たにした部分と、前から思っていたことへの確信を強めたことと、その両方がありました。それについてはいずれ金猊公式サイトの方で纏めるつもりです。現代のアニメとの連鎖については前から思っていたことで、よくプレスリリース用の文書でもそのような表現を書き加えてましたが、SF的というのは初めてで、でも、言われてみれば複数の時空間を司るという意味でSF要素は結構強いかもしれません。

ところで下落合ネタとわきたさんがエントリーで取り上げられた金猊の妻への手紙を絡めて、金猊が下落合に住んでいたときに妻・さだゑを撮った写真をアップしてみました。

http://kingei.org/artworks/photo/shimoochiai.php
投稿者:わきた・けんいち
いのうえさん、こんにちは。僕の直感力は、限りなく零に近くたいしたことがないのですが、今回は、なんだかいけそうですかね。
このメトロポリタンって映画、こちらに紹介されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/yazaanemone/22017917.html

このあたり、お孫さんのm-louisの解説もお聞きしてみたいですね〜。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:いのうえ
わきたさん こんにちは。6月1日付の貴コメントで SF的とおっしゃっていたのが気になってちょいと調べてみましたら メトロポリスというSF映画がドイツで作られ日本では1929年に公開されています。その映画の制作動機にはニューヨ−クの摩天楼を見たことが深く関わっているそうです。時代としてはア−ルデコが流行した時期なので若き丸井画伯もこの映画見ていたんではなあんて妄想してしまいました。わきたさんの直感鋭いかもですね!!



http://susumenysi.exblog.jp
投稿者:わきた・けんいち
いのうえさん、コメントありがとうございます。し、しかし…丸井金猊が住んでいた場所が、「カフェ杏奴」のあたりだなんて、なんだかスゴすぎです。驚きました(*o*)。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:いのうえ
本日 「下落合の事を詳しく調べているブロガー」の方に会って本日で終了した特別展のチラシを差し上げ、もし何かこの画家に纏わる下落合での情報があれば教えて頂きたい旨お願いしました。丸井さんという画家は存じ上げないが番地から推察してその住まわれた場所はな、なんとカフェ杏奴のあたりだろうとの事!!
時代を超えて繋がりますね〜

http;//susumenysi.exblog.jp
投稿者:わきた・けんいち
いのうえさん、こんにちは。コメント、ありがとうございます。この表現は、若い頃、美術部に所属されていたり、アートに深いご関心をお持ちの方でないとできませんね。「現代の良質なアニメにまで繋がってくるようなタッチ」。しかし、本当にそうですね!!私は、戦前に描かれた日本画なのに、SF的世界にも通じるものを感じました。SF的だなんて、素人の思いつきで恥ずかしい表現ですが、いのうえさん の解説にはなるほどと思いました。ところで、下落合にもお住いだったんですか?そうですか、それは特別展に行かないとわからない情報なんでしょうか。まったく知りませんでした。どこに住んでおられんたんでしょうね。「落合のことを詳しく調べているブロガー」って例のあの方ですね。ひょっとして、もうご存知だったりして・・・(^o^)。

一宮のあたり、○十年前にお住いだったころとはすっかり変わってしまったでしょうね。いのうえさん にとって、今回は二重の楽しみがあったってことでしょうか。特別展のほうも、会期ぎりぎりで間に合ってよろしかったですね〜。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:いのうえ
いやあ 特別展拝見できてよかったです。何か現代の良質なアニメにまで繋がってくるようなタッチ(特に洋犬)、線描の素晴らしさを実感しました! 目白の川村学園に勤めておられたり 一時期下落合に住まわれていたりということを知り又びっくりでした。下落合のことを詳しく調べているブロガーにもこのユニークな画家のことを尋ねてみますね。

http://susumenysi.exblog.jp
1|23

SINCE 2005/1/21

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

BOOK


   キーワードは
 「階層化された流域管理」

 「環境ガバナンスの社会学」
   『環境社会学研究』

『よくわかる環境社会学』

twitter

facebook

JEDI


JEDI
( Japan Earth Diving Institute)

MESSAGE BOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ