Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」

おいでやす!! よぅ来てくれはりました。ここは わきた・けんいち のBlog ですぅ。どうぞ よろしゅうに。

 

CALENDER

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

LINKS


 【IWATE】
 イワテバイクライフ
 イワテライフ日記
 クマゴロウのテリトリー
 懐かし生活雑貨の店
 平孝HomePage

 いわての散歩道
 農家の嫁の事件簿
 ロジデリ
 岩手子ども環境研究所
 ストリームバンク
 The North Angler
 マニハチ
 岩手県立大学
 岩手県庁
 交流居住のすすめ岩手県
 代表・吉成のときどき日記
 森風ブログ
 新米大学教員日記@岩手
 ----------
 【MORIOKA】
 てくり
 流れる雲を友に
 もりおか地域SNS
 藍blogU
 盛岡心情
 盛岡心情2
 盛岡心情3
 桜山人情商店街を応援し隊
 盛岡絶賛系 沢野日記
 ----------
 【MIYAGI】
 Magical-K
 アンはのぼる
 結城登美雄「地元学」
 ----------
 【CHIBA】
 松戸・まちづくり コラボ
 世のため人のために駆け回ろう
 ラブマツ
 とん吉@yossyの日記なのです
 新鮮野菜を極める!!
 珈琲屋めいぷる
 フレンチレストラン 田島亭
 ----------
 【TOKYO】
 Kai-Wai散策
 aki's STOCKTAKING
 My Place
 MADCONNECTION
 af_blog
 Cen’s LoveGarden
 LOVEGARDEN
 谷中M類栖
 N的画譚
 Neontica
 Roc写真箱
 漂泊のブロガー2
 トイミサイル
 みどりの大冒険
 東京クリップ
 らくん家
 う・らくん家
 らっきょ委員会
 アコーディオンデュオ
 『Sarasa』

  bs@web
  かばんやえいえもん
  なかのくみ茜日記
 ----------
 【CYUKYOU】
 アツマールぎふ
 ----------
 【KANSAI】
 勝手にRECOMMEND
 小吹隆文 アートのこぶ〆
 藤野正弘の京都まち暮らし
 ロゼッタへの道
 sociologbook
 MY Favorite Things
 龍谷大学
 関西岩手県人会
 関西宮沢賢治の会
 マイファーム日記
 高槻ジャズストリート
 こぐれ日常
 冬虫仮装館の秘密
 大阪あそ歩
 ----------
 【SHIGA / LAKE BIWA】
 「環境社会学/地域社会論
  琵琶湖畔発」

 大津まち歩記
 学芸員のたまご
 レイクスターズ
 滋賀レイクスターズ
 ブースターズブログ

 びわこJazzフェスティバル
 滋賀県立琵琶湖博物館
 滋賀県庁
 琵琶湖環境科学研究センター
 鰍ンらいもりやま21
 ----------
 【Otsu】
 おおつSNS
 利やん
 大津ジャズフェスティバル
 大津エンパワねっと
  旧大津公会堂レストラン
  NPO法人大津祭曳山連盟
  (株)まちづくり大津
  京阪大津線
  ----------
 【Kyusyu】
 A LIFE IN KUMAMATO
 山田裕一のかかし日記
 ----------
 環境社会学会
 日本社会学会
 日本村落研究学会
 ソシオロジ
 Theoretical Sociology
 Whoso is not expressly included
 内田樹の研究室
 樋口ヒロユキ
 ----------
 週間まちづくり
 地域SNS研究会
 団地百景
 公団ウォーカー
  谷根千ねっと
  ムラアカリをゆく

amazon


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Moon Phases


CURRENT MOON

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:わきた・けんいち
光代さん、コメントありがとうございます。写真だけだと、具体的な場所がよくわからないので説明を加えました。

@写真をクリックして拡大する。
AIEならば、新しい写真のウインドウの右下にある数字を125%ないしは150%にする。

こうすると、よくわかります。

私のばあいも光代さんと同じく、小豆島が不思議だったのですが、地図で確認したら間違いないことがわかりました。どうも、明石海峡からむこうは意識のなかに入っていませんでした。山のうえに上るとこんなに近くに見えるんですけどね。ということは、小豆島のほうにいくと、逆に生駒山の一部が見えるということですよね。

寒さがやわらいだら、外を出歩いてみてください。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:光代
又、見に来てしまいました。
説明が増えたんですね。分かり易くなりましたね〜。

私の感覚的には 生駒の山頂から淡路島の向こうに小豆島が見えるのが 不思議です。
ちゃんと 地図で確認すべきですね。
実際に 地図を見たり歩いたりすると、勝手に作り上げた景色や地図が 変わってくるかもしれません。
 
外に出る事が 楽しくなるのかもしれないです。

http://red.ap.teacup.com/mitsuyo/
投稿者:わきた・けんいち
アンさん、あけましておめでとうございます。そうですか、アンさんのお宅(あるいはお住いの地域)では、山菜が入るのですね。それもなかなかいいな〜。お餅をたくさん召し上がったようですね(^^;;。私も、餅好きですので、雑煮では2個は必ず食べます!!

今年もよろしくお願いいたします。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:わきた・けんいち
M.Niijimaさん、あけましておめでとうございます。貴重なコメント、ありがとうございます。アイデンティティと景観って、重要な問題ですよね。私は、そう思っています。山の上にのぼると、自分たちを包み込んでいる存在としての景観がよく理解できます。以前のエントリーにも書きましたが(http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/359.html#readmore)、自分の住んでいる働いている街、あるいは観光に来て歩いた街を、普段やこれまでの「虫の眼」とは違う視点、つまり「鳥の眼」から見るところに楽しさや面白さがあるように思います。

私のほうも、今年も東京のDivingでお会いできたらいいなあと思っています。よろしくお願いいたします。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:アン
明けましておめでとうございます!
わきたさんのお雑煮 おいしそうですね。
私が食べたお雑煮には鶏肉の他に
山菜が入っていました。
おかわりまでしたので
たっぷり太ってしまいました(笑)

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

http://happy.ap.teacup.com/anneclimbs/
投稿者:M.Niijima
わきたさん、
あけましておめでとうございます。
大阪を見渡す夕景の写真がとても素敵ですね。湾を遠くに見下ろすことがかなう山の存在。ちょっと神秘的な光の存在でなにか歴史を感じさせられます。光代さんが書かれていらっしゃいますが、その土地の方々にはアイデンティティを育む素敵な処なのですね。
今年もどこかでお会いできますよう、そのときはどうぞよろしくお願いいたします。

http://across.mniijima.com/
投稿者:わきた・けんいち
iwakiさん、あけましておめでとうございます。「久しぶりに帰ると、両親の心身の変化や時間のかけがえのなさを感じますね」とお書きになっていること、よ〜くわかりますよ。iwakiさんと違って、私のばあいは両親は比較的近くに住んでいますが、近くに住んでいても、以前は、年に数回しかあっていませんでしたので、同じようなことを思っていました。今は、頻繁にあっていますから、これまた少し違った感覚になっています。これから、また父の所にいってきます。

風景ですが、相当に、人に強い影響を与えていると思いますよ。岡山からだと、播州平野に入ったあたりで広がりを感じるのでしょうか。風景や環境からのメッセージって、大切ですよね。iwakiさんは、大変敏感な方ですから、すぐに音楽のイメージが沸いてくるんでしょうね。

それでは、今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

よい年にいたしましょう!!

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:iwaki
わきたさん

おかげさまで夜中無事に帰り着きました。楽しい車の旅でした。
久しぶりに帰ると、両親の心身の変化や時間のかけがえのなさを感じますね。

わきたさんのご両親をいたわりながらの時間、読ませていただいてふんわりあったかくなりました。そういう時間の後の生駒山からの景色だと思うといっそうすばらしく感じます。
岡山から兵庫にはいると、なんだかぐっと空が広くなります。
風景というのは、人にも知らず知らずいろいろな影響を与えているのかなと今回車で帰省して思いました。

どうぞ、今年もよろしくおねがいします!
よい年にしましょうね!



http://raku-rie.jugem.jp/
投稿者:わきた・けんいち
プロコさん、あけましておめでとうございます。「阪奈道路が無いころ先人たちの生駒越えの苦労がわかります」とお書きになっていわけですが、じつは、生駒超えで有名な暗峠のことをそのうちにエントリーしようかなと思っていました。お書きになっているように生駒山は、大変興味深い場所ですよね〜。

なかなか更新できないと思いますが、拙ブログ、どうぞ引き続きご覧いただきますようよろしくお願い申し上げます。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
投稿者:わきた・けんいち
川好きonnaさん、あけましておめでとうございます。本年も、よろしくお願いいたします。

大阪経済法科大学のシンポジウムの話し、す、すみませんが、ちょっと笑ってしまいました…(^^;;。写真から、そのときのことを、思い出していただけたのですね。さて、私の職場(キャンパスは違いますが)で全国大会が開かれるとのこと、そうですか!「お名前を忘れてしまいました」という方、I先生でしょうか…たぶんそうですね。私としては、はやく『「川の地図辞典・大阪篇』が出版されてほしいと願っています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

http://blue.ap.teacup.com/wakkyken/
1|23

SINCE 2005/1/21

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

BOOK


   キーワードは
 「階層化された流域管理」

 「環境ガバナンスの社会学」
   『環境社会学研究』

『よくわかる環境社会学』

twitter

facebook

JEDI


JEDI
( Japan Earth Diving Institute)

MESSAGE BOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ