強迫性障害克服体験記〜強迫性障害は治ります〜

機能不全家族(虐待・兄の家庭内暴力等)を乗り越え、強迫性障害を克服し、カウンセラーとして活動しています。このブログは不潔恐怖からの回復体験記(強迫性障害が治っていく)ブログで、カウンセラーになるまでを綴ります。強迫性障害は治る病気です。みなさん絶対にあきらめないでね。強迫性障害の方カウンセリングいたします。(少しでも楽になれるよう援助させていただきます)

 
強迫性障害・アダルトチルドレン(AC)・親子関係・家族関係・人間関係・家庭内暴力の相談室/あおぞらカウンセリングルーム 私の生まれ育った家庭は、母の支配・兄の家庭内暴力がある家でした。私の母は極端な教育ママで、何事に対してもトップであらねばならず、一瞬の失敗も許されない人生を歩んできました。(達成できないと暴言・暴力)そんな暮らしの反発からでしょうか、一つ上の兄は、中学の頃から母に暴力を振るうようになり、その状態は十数年に渡り続きました。私は、そんな中母を兄の暴力から助けるためだけの人生を歩まねばなりませんでした。そんな時強迫性障害を発症(不潔恐怖・確認強迫)(現在は克服)このプログは、強迫性障害の体験、克服過程、体験を通した克服へのヒントを綴ります。私の強迫体験は、家庭環境とは、きってはきれない物なので、助け続けたはず母からの「気違い、死ね」等の毎日の暴言の数々等、そんな辛かった日々の話しも綴ります。私のメインブログ(クリック!!)(兄の家庭内暴力・母の支配、虐待、強迫性障害など 私の人生記録を綴ったブログも合わせてご覧ください) 強迫性障害お薦め本 (私の体験も8番目に載っています) 本の詳しい説明はこちら(クリック!!)

私の強迫体験が載った本

ただ治るではなく、自分自身や家族間・親子間の生き方含めた治るを問うた本です。OCDの人達だけではなく、多く方に読んで欲しい一冊です。

ブログランキングに参加しています。ポチって押してね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、モモさん

ちょっと 書き方で傷つけてしまったのかな? ちょっと 説明不足だったですね。
´これで十分´というのはね、強迫観念で 狭まった生活の範囲を広げて行く過程で、´あまり生活に支障がなくなってきた時´ある状況を避けさえすれば、支障が殆どないわけだから、´生きてく上では別にその事をする必要もないから´って事で、

「もう 普段の日常生活では 支障ないわけだし、その事に挑戦していく事は、一番怖い事だから、必要?ない。これくらいで十分。もう向き合っていかなくても、いい」

って そこで、終わりにしてまいがちな面が、多いみたいなんですね。

でも、それを残しておくと、そこから再燃してしまったり、どこかで しんどい思いをする瞬間に生きていると 出会ってしまうから、
´十分´っていう 終わり方をしない方がいいなぁって 事で 書きました。

言葉って難しいですね。なんか コメント欄で うーんと なる事が 結構多かったりします(汗)

正直に書いてくださって嬉しかったです。
これからも、感じた事 どんどん書いてくださいね。



http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:モモ
「これで十分」というのはどういう感じなのでしょうか。今の状態でいいと思って強迫行為をしているはずはなく、普通になりたいと思い続けているはずが、どこかで馴れのあまり自分に甘くなったのかな。
子供を例に書かれていましたが、不潔恐怖だけではない事情で子供が持てず、欲しくても年齢的にも厳しくなった私には、辛い話でした。内容がもっともなだけに余計に自分が情けない。でも、これからのことに役立てたいお話だと思いました。
AutoPage最新お知らせ