強迫性障害克服体験記〜強迫性障害は治ります〜

機能不全家族(虐待・兄の家庭内暴力等)を乗り越え、強迫性障害を克服し、カウンセラーとして活動しています。このブログは不潔恐怖からの回復体験記(強迫性障害が治っていく)ブログで、カウンセラーになるまでを綴ります。強迫性障害は治る病気です。みなさん絶対にあきらめないでね。強迫性障害の方カウンセリングいたします。(少しでも楽になれるよう援助させていただきます)

 
強迫性障害・アダルトチルドレン(AC)・親子関係・家族関係・人間関係・家庭内暴力の相談室/あおぞらカウンセリングルーム 私の生まれ育った家庭は、母の支配・兄の家庭内暴力がある家でした。私の母は極端な教育ママで、何事に対してもトップであらねばならず、一瞬の失敗も許されない人生を歩んできました。(達成できないと暴言・暴力)そんな暮らしの反発からでしょうか、一つ上の兄は、中学の頃から母に暴力を振るうようになり、その状態は十数年に渡り続きました。私は、そんな中母を兄の暴力から助けるためだけの人生を歩まねばなりませんでした。そんな時強迫性障害を発症(不潔恐怖・確認強迫)(現在は克服)このプログは、強迫性障害の体験、克服過程、体験を通した克服へのヒントを綴ります。私の強迫体験は、家庭環境とは、きってはきれない物なので、助け続けたはず母からの「気違い、死ね」等の毎日の暴言の数々等、そんな辛かった日々の話しも綴ります。私のメインブログ(クリック!!)(兄の家庭内暴力・母の支配、虐待、強迫性障害など 私の人生記録を綴ったブログも合わせてご覧ください) 強迫性障害お薦め本 (私の体験も8番目に載っています) 本の詳しい説明はこちら(クリック!!)

私の強迫体験が載った本

ただ治るではなく、自分自身や家族間・親子間の生き方含めた治るを問うた本です。OCDの人達だけではなく、多く方に読んで欲しい一冊です。

ブログランキングに参加しています。ポチって押してね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、Tomatoさん

そうですね。記事とあまり関係のないコメントは、 相談の部分にかかってくる事も多いので、ごめんなさい って書かせていただく事も多いのですが、(有料のクライアントさんに申し訳ないですから)

子供の事ですか・・・・(大汗) わたし 実は ずっと子供は産まないつまりでいたのですが、(不潔恐怖だったので自信なかったんです) できちゃったんですよね(>_<)。
あー ごめんなさい>娘ちゃん〜

その時は積極的に産んだんじゃないので(今はいてくれて とても良かったです)
遺伝とか考えた事ないです。 というか、産むとしても 考えた事はなかったと思います。だって 遺伝しないもの・・・・気質は似ていたりするだろうけど、OCDそのものは遺伝しないですから・・・・

あーでもね 神経質な生活態度は、もろに娘に影響します\(-o-)/。私は基本的に とても神経質な人間ですから、そう言う意味で、すごく娘に影響を与えていますよ〜

http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:Tomato
まゆまゆさん

初めまして☆OCDと付き合いだして18年が経とうとしている35歳女性です。

親の期待=一流大学に応えなければと進学校に進み高校3年〜浪人時代に発症、親は頼れない、自分自身でどうにかしないといけないということへの気づき(私はこれを“良い意味でのあきらめ”と呼んでいます。)で症状が軽快していったことなど、まゆまゆさんと似ている部分が多く、興味深く最初から1記事ずつ読ませていただいてます(まだ2009年1月なんですけど・汗)。

実は一つ質問・相談させていただきたいことがありましてコメントさせていただきました。もしかしたら、専門家であるまゆまゆさんには、しっかりと料金をお支払いして教えていただくべきことかもしれません。その場合は、ご遠慮なくおっしゃってください。

実は、今、子供を持っていいものか悩んでいます。まゆまゆさんは既にお持ちなので、このようなことを申し上げるのは失礼に当たるのかもしれませんが、子供への遺伝を心配され躊躇されたことはありますか?

私の場合、症状は8割程度改善し、社会人としてある程度普通に生活できています。理解ある夫にも恵まれ、今はとても幸せです。でも、やはりあの病気がなかったらと思うことは今でもありますし、症状のひどかった時期は本当に過酷でした。そう思うと、私は子供を産んでいいのだろうかと思ってしまうのです。

何かそのあたりもお話していただけたらうれしいです。
AutoPage最新お知らせ