強迫性障害克服体験記〜強迫性障害は治ります〜

機能不全家族(虐待・兄の家庭内暴力等)を乗り越え、強迫性障害を克服し、カウンセラーとして活動しています。このブログは不潔恐怖からの回復体験記(強迫性障害が治っていく)ブログで、カウンセラーになるまでを綴ります。強迫性障害は治る病気です。みなさん絶対にあきらめないでね。強迫性障害の方カウンセリングいたします。(少しでも楽になれるよう援助させていただきます)

 
強迫性障害・アダルトチルドレン(AC)・親子関係・家族関係・人間関係・家庭内暴力の相談室/あおぞらカウンセリングルーム 私の生まれ育った家庭は、母の支配・兄の家庭内暴力がある家でした。私の母は極端な教育ママで、何事に対してもトップであらねばならず、一瞬の失敗も許されない人生を歩んできました。(達成できないと暴言・暴力)そんな暮らしの反発からでしょうか、一つ上の兄は、中学の頃から母に暴力を振るうようになり、その状態は十数年に渡り続きました。私は、そんな中母を兄の暴力から助けるためだけの人生を歩まねばなりませんでした。そんな時強迫性障害を発症(不潔恐怖・確認強迫)(現在は克服)このプログは、強迫性障害の体験、克服過程、体験を通した克服へのヒントを綴ります。私の強迫体験は、家庭環境とは、きってはきれない物なので、助け続けたはず母からの「気違い、死ね」等の毎日の暴言の数々等、そんな辛かった日々の話しも綴ります。私のメインブログ(クリック!!)(兄の家庭内暴力・母の支配、虐待、強迫性障害など 私の人生記録を綴ったブログも合わせてご覧ください) 強迫性障害お薦め本 (私の体験も8番目に載っています) 本の詳しい説明はこちら(クリック!!)

私の強迫体験が載った本

ただ治るではなく、自分自身や家族間・親子間の生き方含めた治るを問うた本です。OCDの人達だけではなく、多く方に読んで欲しい一冊です。

ブログランキングに参加しています。ポチって押してね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2022年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まゆまゆ
こんにちは よりりさん

お久しぶりです。覚えていますよ〜。
笑ってしまいましたか?^^
そんな夢に 死ぬような思いで苦しめられてしまうわけですから、強迫性障害って 嫌な病ですよね。
よりりさんの 座談会 読んでましたよ〜 よりりさんの今をうかがい知ることが出来、嬉しく思っていました。

私の声が 勇気と活力を与え転機になったんですね。
なんかとても嬉しかったし、もっと頑張らなきゃとそんな思いにもなりました。

これからも 時々覗きにきてくださいね。
諦めないでいると、どこかでつながっていきますよね。

http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:よりり
こんにちは。
よりりと申しますが、覚えていらっしゃるでしょうか?
3〜4年前にコメントをさせていただきました。

失礼ですが、ブログを拝読いたしまして、笑ってしまいました。

不潔の強迫対象は違いますが、私自身も何年か前は夢の中までも、まゆまゆさんと似たような夢を見ていました。
今は強迫も無く、強迫の夢も見ずにいます。
ほんの数年前の事なのに、遠い昔のように思えます。

強迫になって良かったとは決して思わないけれど、乗り越えられたから見えたもの、気がついた事はあります。

まゆまゆさんの文章も掲載された、
「小さなことが気になるあなたへ」のサイトの中の『OCDコラム』の中で、座談会が行われ参加いたしました。

第76回 OCD体験者座談会2010
第1回 発症から初めての受診まで [2010.07.20]
第77回 OCD体験者座談会2010
第2回 自分に合った医療を求めて [2010.08.20]
第78回 OCD体験者座談会2010
第3回 治したい気持ちの原動力は [2010.09.17]

三回に分けて掲載をしていただきました。
後ろ向きの写真ですが、右手前の黄緑色の服を着ているのが、私です。

座談会では書かれておりませんが、私の良くなっていった転機の一つに、まゆまゆさんとの出会いがありました。

当時、私の知る限り、克服された方はAriさんしか知りませんでした。
女性で、不潔汚染強迫を克服された方と、どうしてもお話しをしたかったのです。
電話カウンセリングという形になりましたが、一回だけ、直接お声を聞き、お話しをさせていただきました。
まゆまゆさんの声とお話しは、私にどれだけの勇気と活力をあたえてくれたことか。
このことは、昨日のことのように思い出します。

私も「絶対に諦めない」でした。
自分の意思に添って、自由に時間を使える日々に戻りました。

まゆまゆさんがいてくれて、心からありがとう。
AutoPage最新お知らせ