強迫性障害克服体験記〜強迫性障害は治ります〜

機能不全家族(虐待・兄の家庭内暴力等)を乗り越え、強迫性障害を克服し、カウンセラーとして活動しています。このブログは不潔恐怖からの回復体験記(強迫性障害が治っていく)ブログで、カウンセラーになるまでを綴ります。強迫性障害は治る病気です。みなさん絶対にあきらめないでね。強迫性障害の方カウンセリングいたします。(少しでも楽になれるよう援助させていただきます)

 
強迫性障害・アダルトチルドレン(AC)・親子関係・家族関係・人間関係・家庭内暴力の相談室/あおぞらカウンセリングルーム 私の生まれ育った家庭は、母の支配・兄の家庭内暴力がある家でした。私の母は極端な教育ママで、何事に対してもトップであらねばならず、一瞬の失敗も許されない人生を歩んできました。(達成できないと暴言・暴力)そんな暮らしの反発からでしょうか、一つ上の兄は、中学の頃から母に暴力を振るうようになり、その状態は十数年に渡り続きました。私は、そんな中母を兄の暴力から助けるためだけの人生を歩まねばなりませんでした。そんな時強迫性障害を発症(不潔恐怖・確認強迫)(現在は克服)このプログは、強迫性障害の体験、克服過程、体験を通した克服へのヒントを綴ります。私の強迫体験は、家庭環境とは、きってはきれない物なので、助け続けたはず母からの「気違い、死ね」等の毎日の暴言の数々等、そんな辛かった日々の話しも綴ります。私のメインブログ(クリック!!)(兄の家庭内暴力・母の支配、虐待、強迫性障害など 私の人生記録を綴ったブログも合わせてご覧ください) 強迫性障害お薦め本 (私の体験も8番目に載っています) 本の詳しい説明はこちら(クリック!!)

私の強迫体験が載った本

ただ治るではなく、自分自身や家族間・親子間の生き方含めた治るを問うた本です。OCDの人達だけではなく、多く方に読んで欲しい一冊です。

ブログランキングに参加しています。ポチって押してね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まゆまゆ
こんにちは はじめまして ゆりさん
ゆりさんの家庭では、巻き込み等ひどいでしょうか。巻き込みがひどければ、ひどいほど、家族も限界で大変な生活を強いられていると思います。

家族からしたら 理解出来ない事だらけで、すごく理不尽な生活ですもんね。
怒鳴りたくなっても無理ないと思います。
ゆりさんが(家庭の中で)どんな立場の方で、今家庭内がどういった状態にあるか分からないので、どう対応したらいいか 詳しく書く事できないのですが、理解と協力は別物と言う事を分かり対応していく事は大切ですよね。

私は相談室を運営しているのですが、良かったら家族の対応について ご相談にいらしてくださいね。
それと、この記事ですが、私の場合、家族に隠せるような症状の状態でないにも関わらず、(家族が理解してくれる人でない事が分かっていたので)それを 敢えて七転八倒しながら 何年も 隠し通し生活し続けていました。数年後やっとの思いでカミングアウトした後も、たぶん家族は今まで通り普通の生活をしていて、一切の巻きこみをしていなかったと思うんですよ。ただただ一人で苦しんでいただけ・・・。

それまでの家庭環境の中に 兄の家庭内暴力があり(強迫性障害の症状の最中もそうでした) すべてを犠牲にして 母を守り続けていたにも関わらず、 その母が 私に向かい 毎日毎日 顔をみるたび

「死ね 一生洗い続けろ、 気違い」等 言い続けたんですね。理解してほしくて 渡した書物も目の前で びりびりに破かれてしまった・・・

命がけで助けたはずの母から こんな仕打ちをうけるなんて、(そもそも この障害になったのもその家庭環境は無視出来るものでないと思うのし)あまりの衝撃で その時感じた 思いをここに綴った経緯があります。

何があっても愛し続けた母から心が徐々に離れていってしまったんですよね。

家族の対応の仕方次第で、本人さんの症状はすごく悪化に向かったり変わってしまうので 正しい対応を身につけて頂く事を すごく願います。

http://www3.hp-ez.com/hp/aozoraroom/
投稿者:ゆり
初めまして。
脅迫性障害、辛いことはよく、分かります。でも、一緒に生活している、家族も限界です。家族がバラバラになりそう。理解しようと努力していても、怒鳴ってしまうこともある。私の精神状態も限界です。そんなときは、どうしたらいいんだろう…
投稿者:まゆまゆ
こんにちは みほさん
返信遅れてすみません。
なかなか理解してもらえない病気である事は 分かるけれど、家族にだけは味方でいて欲しいですよね。
元気な時には、普通だったのに、
こんなに追いつめられた途端に・・・・家族の態度が変わってしまう。すごく悲しい事です。

こんな時にこそ一番味方でいて欲しいのに・・・・
私の母は、最後まで、強迫性障害の説明が書いた短い文章(当時は ちゃんとした本がなかったですから、 本の一部に記載されていた強迫に関する文章です) ですら 一度たりとも読んでくれず、理解しようともしてくれなかったんですよね。
この辺が 私は自分が今母親していて どうしても理解できない事で、 娘が目の前で苦しんでいたら、どんな病気なんだろうと、母親だったら必死で調べないものなのかな?と 思うのです。

調べるどころか、(理解して欲しくて必死の思いで)これ読んでと 渡した ある本の文章を(すぐ読める程短い文章なんですよ) こんな気違いの話し読めるかと びりびり破いてしまった母親です。

http://www3.hp-ez.com/hp/aozoraroom/
投稿者:みほ
お久しぶりです。まゆゆさんの言っている通り、家族の態度が変わってしまうのが一番つらいですょね(>_<)


働かない(働けない)ことで、そんなこと言われるんだ。。

調子がいい時に、元気そうにしていたら、そんなに元気なら働け。と言われたり本当の自分を見せれなくなったり。。

起きていると強迫観念が出るので、目を閉じたり、寝ているといつも寝ていてずるい。と言われたり。。


理解してもらうのは無理だとわかっていても、味方がいない、逆にののしられると、何を信じていいのか信じるものがなにもなくなってしまいます。


したくてしているわけじゃないのに。。。


投稿者:まゆまゆ
こんにちはmegさん

あのね 悪いのは megさんじゃなく 強迫だから・・・・自分=強迫と 見て、自分を責めないようにしてくださいね。
強迫の為に人生狂わせてしまう・・・ほんと悔しいです。

http://www3.hp-ez.com/hp/aozoraroom/
投稿者:meg
こんばんは
以前、2012/11/11のブログにコメントさせていただいたmegと申します。
あれから、漢方薬を飲んで今年に入ってから2カ月間はとても精神的に落ち着いていました。していることはほとんど変わりませんが、気持ち的に安定していて…
でも、会社のストレスと周りの結婚報告からまた不安定になり漢方は効果がなくなり泣き叫ぶ毎日になりました。

どうしても、この除菌生活が耐えられない我慢出来ない!でも止められないのです。

彼にも体調悪いときはラインや電話で言ってしまって。

ついに今日別れ話になりました。
私は弱音吐くけど彼は負担かけまいとずっと吐けなくて我慢していたそうです。
私が悪いのだから止めることは出来ません。
明日きちんと話す予定ですが…

いつになれば、開放されるのか。
ひとり暮らしを決めました。
もう恋愛することも諦めます、この病気をカミングアウトしたくないからです。
まゆまゆさんがうらやましいです。
頑張って頑張って克服して結婚出産として幸せでいる。すごいです。
AutoPage最新お知らせ