強迫性障害克服体験記〜強迫性障害は治ります〜

機能不全家族(虐待・兄の家庭内暴力等)を乗り越え、強迫性障害を克服し、カウンセラーとして活動しています。このブログは不潔恐怖からの回復体験記(強迫性障害が治っていく)ブログで、カウンセラーになるまでを綴ります。強迫性障害は治る病気です。みなさん絶対にあきらめないでね。強迫性障害の方カウンセリングいたします。(少しでも楽になれるよう援助させていただきます)

 
強迫性障害・アダルトチルドレン(AC)・親子関係・家族関係・人間関係・家庭内暴力の相談室/あおぞらカウンセリングルーム 私の生まれ育った家庭は、母の支配・兄の家庭内暴力がある家でした。私の母は極端な教育ママで、何事に対してもトップであらねばならず、一瞬の失敗も許されない人生を歩んできました。(達成できないと暴言・暴力)そんな暮らしの反発からでしょうか、一つ上の兄は、中学の頃から母に暴力を振るうようになり、その状態は十数年に渡り続きました。私は、そんな中母を兄の暴力から助けるためだけの人生を歩まねばなりませんでした。そんな時強迫性障害を発症(不潔恐怖・確認強迫)(現在は克服)このプログは、強迫性障害の体験、克服過程、体験を通した克服へのヒントを綴ります。私の強迫体験は、家庭環境とは、きってはきれない物なので、助け続けたはず母からの「気違い、死ね」等の毎日の暴言の数々等、そんな辛かった日々の話しも綴ります。私のメインブログ(クリック!!)(兄の家庭内暴力・母の支配、虐待、強迫性障害など 私の人生記録を綴ったブログも合わせてご覧ください) 強迫性障害お薦め本 (私の体験も8番目に載っています) 本の詳しい説明はこちら(クリック!!)

私の強迫体験が載った本

ただ治るではなく、自分自身や家族間・親子間の生き方含めた治るを問うた本です。OCDの人達だけではなく、多く方に読んで欲しい一冊です。

ブログランキングに参加しています。ポチって押してね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、takesiさん

なんか考えさせられる コメントでした。
子供に与える親の影響って計り知れないですね。
その方の人生にどういう事があったのか・・・・どういう思いがあって 今があるのか、常に心に留めて接し続けないと駄目ですね。

私にどこまでできているのか・・・・

コメントで気づかせていただける事、ほんと多いです

http://www3.hp-ez.com/hp/aozoraroom/
投稿者:takesi
母は色々あって実家に居場所がなく、親がかわいそう親に迷惑かけちゃいけないと思い、結婚したような話をしてきました。だから結婚は慎重に、、みたいなことを常々聞いてます。
父親は仕事が忙しく、子供といる時間は母が圧倒的。最終的に両親は離婚をし、母はそれから1人でなんとか頑張ってきました。
しかし、人間関係でつまづいて思うように仕事が続かないから経済的に困窮し子どもに頼らざるしか終えない状況。
それで、確かに居場所がなかったのは事実なんでしょうが、結婚前から会社や人との人間関係を適当にこなす能力が無かったことも、結婚するに至った理由だったんじゃないかな?と思い始めたのです。
ただ、うちの母は自分で気づいてきたからこそ、申し訳なかったといってくれたんですね。とは言え、母自身なんかうまくいってないのはわかったけど、根本的にはまだわかってなかったんでしょう。もちろん僕もわかってないので、また母に憤りを感じてました。

母が結婚は慎重にと言った意味は違うのかもしれませんが、わたしは、母と同じような感覚で結婚していたら、自分の子供に旦那に母と同じようなことしていたり、もっといえば事件になっていたんじゃないかと思えて仕方ないんですね。だからこの状態のままで結婚やこどもを作らなかったのは複雑ではありますが良かったのかなと思います。(将来的にみたら考え直すとこはありますが)

それで長々書いて一番いいたかったことは、相談していた以前のカウンセラーさんには、結婚をすすめてきたり、出来なくてもやれちゃうから大丈夫みたいなこと言われてきたのですが、そんなカウンセラーの対応が苦しかったなって振り返ってました。

投稿者:まゆまゆ
こんにちは、とりまさん

苦しい中、とりまさんは、毎日ほんと頑張って生きているよね。

生きるだけで、どれ程の努力をしているか、周りはなかなか理解してくれないし、この苦しさを何も分らない人と話す時、どうやったら伝わるんだろうと絶望感を感じる事もあります。

みんなが厳しい目でみてきても、私は理解者でありたいなと思う毎日です。

頑張った事は、決して無駄にならないからね。 


http://www3.hp-ez.com/hp/aozoraroom/
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、はなさん

「以前と言ってる事が違う」
「あなたが こういったから そうしたのに・・・」

これ、私もクライアント時代 感じた事ある感覚です。

自分自身カウンセラーをしていて、どこまで出来ているか分らないのですが、

カウンセラーの発言は、ほんと重いんですよ。そしてクライアントさんの心に どれ程の影響力があるか・・・・

どんな思いでカウンセリングに通っておられるか・・・強く強く受け止めてカウンセリングしなきゃいけないですね。

http://www3.hp-ez.com/hp/aozoraroom/
投稿者:とりま
どうも、こんばんは。最近は、引きこもりが原因で不潔の対象が排泄物から赤の他人に変わりました。トイレの後のシャワーの時間や回数を減らす事は出来ているのですが、赤の他人が触った物等が恐怖対象です。他人が関係する事の大半が恐怖です。外出が全くできません。半年程前なら此処まで酷くなかったのに…。昔購入した物や食べ物(包装の袋)は平気なんですよね。イメージしただけで悪寒が走ります。悪くなるばかりで泣きたくなります。
外出するために、以前無理だった外気にふれる事に挑戦しています。早く窓を開けれるようになりたいです。咳には、窓で遮ったなら何とかなるようになりました。ただ、去年からうちの裏の路地を挟んだ賃貸マンションから、平日の昼間から女の喘ぎ声が聞こえてきて気持ち悪いです。家全体を汚された気になります。何度か怒鳴っているのですが効果無し。殺意が湧く。管理会社に電話しようと思います。
出来る事が増えた以上に出来ない事が増えて苦しいですが、頑張って生きたいです…
投稿者:はな
私は今まで食について特に産地とか気にすることなく食べてたんですけど、頭痛する原因だったり病気になる原因が食生活にもあるんじゃないか?と相談してたカウンセラーに言われたので、見直すようになりました。
それこそ外食ばかりで、ファーストフードやコンビニ、カップ麺がほとんどだったのを意識してやめるようにしたら、体の調子はよくなってきました。
でもそのカウンセラーさんは今度は、こだわりすぎはよくないと言ってきました。
こだわるも何も、そのカウンセラーさんが食生活見直すよう言ったから見直し、その結果ラクになったと報告したのに、、、そしたら今度はこだわりがよくない、カップ麺でもなんでも美味しくありがたくいただくのが大事だよ、食のせいにするんじゃないみたいなこと言われたので、こんどはまた以前の食生活に戻しました。
そしたら頭痛がはじまり、また体調が悪化しました。
そのカウンセラーさんにはもう相談しないことにしましたが、そのカウンセラーの対応が辛すぎて苦しかったんです。

AutoPage最新お知らせ