強迫性障害克服体験記〜強迫性障害は治ります〜

機能不全家族(虐待・兄の家庭内暴力等)を乗り越え、強迫性障害を克服し、カウンセラーとして活動しています。このブログは不潔恐怖からの回復体験記(強迫性障害が治っていく)ブログで、カウンセラーになるまでを綴ります。強迫性障害は治る病気です。みなさん絶対にあきらめないでね。強迫性障害の方カウンセリングいたします。(少しでも楽になれるよう援助させていただきます)

 
強迫性障害・アダルトチルドレン(AC)・親子関係・家族関係・人間関係・家庭内暴力の相談室/あおぞらカウンセリングルーム 私の生まれ育った家庭は、母の支配・兄の家庭内暴力がある家でした。私の母は極端な教育ママで、何事に対してもトップであらねばならず、一瞬の失敗も許されない人生を歩んできました。(達成できないと暴言・暴力)そんな暮らしの反発からでしょうか、一つ上の兄は、中学の頃から母に暴力を振るうようになり、その状態は十数年に渡り続きました。私は、そんな中母を兄の暴力から助けるためだけの人生を歩まねばなりませんでした。そんな時強迫性障害を発症(不潔恐怖・確認強迫)(現在は克服)このプログは、強迫性障害の体験、克服過程、体験を通した克服へのヒントを綴ります。私の強迫体験は、家庭環境とは、きってはきれない物なので、助け続けたはず母からの「気違い、死ね」等の毎日の暴言の数々等、そんな辛かった日々の話しも綴ります。私のメインブログ(クリック!!)(兄の家庭内暴力・母の支配、虐待、強迫性障害など 私の人生記録を綴ったブログも合わせてご覧ください) 強迫性障害お薦め本 (私の体験も8番目に載っています) 本の詳しい説明はこちら(クリック!!)

私の強迫体験が載った本

ただ治るではなく、自分自身や家族間・親子間の生き方含めた治るを問うた本です。OCDの人達だけではなく、多く方に読んで欲しい一冊です。

ブログランキングに参加しています。ポチって押してね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まゆまゆ
こんにちは onさん

食べていくため、買い物に行かれている事、すごく頑張っていると思いました。

強迫性障害って、何をしていても気になるわけだから、心が休まる暇がありませんね。

「一生このまま」

そんな思いにさせてしまう強迫性障害だけど、そんな事は絶対ないからね



http://www3.hp-ez.com/hp/aozoraroom/page1
投稿者:on
はじめまして。私も強迫性障害で16年苦しんでいます。3か月ほど前から薬をやめて、強迫観念が次から次へとわいてきて、とても辛いです。
外へ買い物に行くのもとても勇気がいるのですが、食べるためには行かなきゃと自分に言い聞かせながらなんとか行ってます。自営業なので、事務の仕事も少ししています。でも、強迫行為は、ほんの少ししか、ガマンできていません。不潔恐怖症なので、汚いと思うことがしょっちゅうあるのですが、その度に強迫行為をしてしまいます。本当は、やらないほうがいいんですよね。

いろいろ気になって、寝れない日もあり、心身共にクタクタになっています。

まゆまゆさんと同じ、排泄物とホコリが一番苦手です。
本当に汚くないと思える日がくるのかな。やらなきゃいけない事はなんとかがんばってはいるんですが、希望が持てなくなっています。
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、とりまさん
そうですね。書いてらっしゃる事、痛いほど分かります。
外へ出る事 頑張ってらっしやいますね。

強迫への対処のしかた・・・決して間違っているというわけではないのだけど、ちょっと違うかなとも 思いました。

またいつか直接話せたらいいですね。


http://www3.hp-ez.com/hp/aozoraroom/page1
投稿者:とりま
強迫観念は、確かに、考えれば考えるほど頭にわいてきますね。しかし、考えるのを止めようとしても頭にわいてくるのが強迫観念。で、段々不安が強くなります。よく、時間が経つにつれて不安は弱くなるというけれど、その逆です。まあ、病気を治そうと思ったら、この不安に耐えて強迫行為をがまんしないといけないのでしょうね。
最近、咳が気になって閉めていた窓を開けるようになりました。外(家の前ですが)に出ること再開しました。その反動か、外で埃かなにかわからない白い物を空中で見たとき、「鳥のフン」と思うようになり、気が重いです。体にフンが付いたように感じられます。特に、白い物が上から下に流れた時が。というわけで、今も気分が重いです。フンが足に当たった感触も無くサンダルも汚れてなかったのですが、頭に「鳥のフンに違いない!」と思ってから、気持ち悪いですね。早く気分が晴れてほしいものです。
AutoPage最新お知らせ