谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2005/9/17

iポッド狂騒曲  エッセイ

 もともと音楽なしには生きられない「ロック人間」の私としては、アップルのiポッドの登場は人生を変えたといっても過言ではない。そう、言い切っちゃいます。
 そんな私がワシントンDCから日本に帰ってきてものすごく淋しく感じたのは、アップルのITMS(iチューンミュージックストア)が無かったこと。アメリカのITMSにアクセスして曲を購入するにはアメリカ発行のクレジットカードが必要。もちろん友達を経由して購入したプリペイドカードがあればOKだけれど、これも手間。結局、日本でITMSが早く始まらないかなぁと思っていた。
 そんな淋しい日々の中、メインのPCのITMSのソフトが機能しなくなった。なせか急にiポッドを認識しなくなったのだ。まるで「はて、どちら様でたかねぇ」と息子に真顔で訊ねる痴呆性老人の父親のような感じ。これはパニック。なにせ1日でも音楽なしに電車に乗ることができないこの私。どうしたもんか。アップルのHPを見ながらあれこれやってみたけど、結局ダメ。街を歩いている人が首からiポッドシャッフルをぶら下げているのを見るだけで、「あぁ、何のトラブルもないのね、いいなぁ」と上目遣いに見ておりました。向こうからみれば、単に目つきの悪い中年のおっさんに過ぎなかったことでありましょう。
 さてさて、仕方がないので、これまでディスクに保存した渾身の2000曲近い曲ファイルを全てもう1台のラップトップにコピーしてそちらをマザーPCにすることとした。その手間たるや、大変でした。仕事で会う人には「うーん、これからはポッドキャスティングの時代ですねぇ」とか言っておきながら、自分はPCのスクリーン上で「プログラムに重要な障害が発生しました」とか言われて、ほんと、パニック状態となっていたわけであります。「そうか。やっぱり重要な障害なんだよなぁ」と深刻な顔をして、考え込んでしまう私。
 ところが。ところがであります。アップルが「iポッドナノ」を発売し、ITMSも新バージョンが登場。もしかしたら、と本日ITMSの新バージョンをダウンロードしてみたところ、アラ嬉し、障害が解消してしまいました!こりゃ、めでたい。ささいなことなのだけれど、私は明日から再びIT専門家として生きて行きたいと思う。おほほのほ。
0



2005/11/21  17:25

投稿者:MIさん

当方Ipod シャッフルで70,80年代のロックを聴きつつ、20分の距離を内幸町まで自転車通勤していますが、最近、曲と曲の間隔が1分以上あいたり、調子が悪いです。アップルのカスタマーサービスにいつかけても待たされ、その挙句時間をおいてかけなおせというアナウンスが流れて、切られる始末。コールセンターのキャパの問題か、それほど障害が多いのか・・・。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ