谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2008/1/26

週刊タニワキ(1月26日)  週刊タニワキ

 21日(月)、週の初めで会議が幾つか。おっと週刊東洋経済に「インターネットは誰のものか」の書評が掲載された。感謝。22日(火)、携帯販売代理店用の資格試験の後援制度の発表。昨日もそうだったが、先週と違って割と落ち着いている。夜、勉強会。東京駅の近くで技術系の人たちと意見交換。とても有益だった。
23日(水)、朝から凄い雪!「通信プラットフォーム研究会」の報道発表。午後、ISPの皆さんと意見交換。24日(木)、今度は「インターネット政策懇談会」の報道発表。夕方、神田の方に行ったら、すごーく寒かった。並じゃないね、これは。空いた時間に競争評価関連のレポートに少しずつ手を入れる。
 同日夜、プログレ好きのジャーナリストと飲む。うん、なるほど詳しい。お互い、「そんなこというなら、○○知ってますぅ?」的な会話の連続。本当に久しぶりにプログレの話で数時間。隠れキリシタンってこういう感じで、迫害にあっても仲間同士、励ましあっていたのかなぁと思う。また新宿ディスクユニオンのプログレッシブロック館に行かなくては。
 25日(金)、アメリカからお客様。久しぶりに英語にて。来客そこそこ。合間を縫ってレポートの直し。というわけで、今週はこれまで準備してきた研究会などの報道発表が多数あった。

追記

1 26日(土)、横浜にて披露宴に参列。礼服がきつい。ヨメに「服が小さくなった」と言ったら、「アンタが大きくなっただけでショ?」と吐き捨てるように言われた。披露宴に遅れそうになって、競歩みたいになる。怪しい競歩おじさん。なにせヘッドフォンつけて、早足で、はちきれそうなボンバー礼服で歩いているわけで。ホテルが山下公園の近く。披露宴の後、その界隈をしばらく散策(写真)。海は良い!それにしても、昔に比べて横浜は近くなった。そのうち、家の近所を走る予定の副都心線と渋谷でつながって、池袋から新宿三丁目経由で渋谷、そして横浜まで。なんとも便利になることに。パソコン持っていたので、帰りも電車の中でレポートの修正。いわゆる一つの追い込み。

横浜の氷川丸とカモメ
クリックすると元のサイズで表示します

2 先週末に借りた"Last King of Scotland"(ウガンダのアミン元大統領の話)と"Blood Diamond"(ダイヤモンド利権を契機とするシエラレオーネの内乱の話)を見る。奇しくもアフリカの問題を摘出するような重い2本。とにかく重く、感じさせられる映画だった。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ