谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2008/9/22

週刊タニワキ(9月22日)  週刊タニワキ

  16日(火)、定例会議の後、午前中はプラットフォーム研関連の打ち合わせ。午後、目黒にてプロジェクトの打ち合わせ。その他、プロジェクト関連の小打ち合わせ数件。夜、新橋にて打ち合わせ。時間に追われる感じになってきている。当分続きそう。
  17日(水)、早朝から国際競争力の勉強会。戻って打ち合わせ。バタバタと明日の講演資料を作成。午後、財務省にて予算説明。2時間。戻って明日の勉強会の資料作成なりメールのやり取りをしているともう夜。千駄ヶ谷にて打ち合わせ。時間が足りない。
  18日(木)、明治大学生田キャンパスの電子情報通信学会にてネット中立性の講演と討議に参加。朝、電車のダイヤが乱れて開始時間の9時半に間に合いそうにない。最後、猛烈ダッシュで走る。ところが、生田キャンパスの入口からすごい坂。キャンパスは山の上。気が遠くなったが、ダッシュして3分前に会場に滑り込む。危なかったぁ。昼、会場を後にしてオフィスに戻って打ち合わせ1件、電話やら呼び出しやらメールの処理をしているうちに、またお出かけの時間に。夕方から今度は勝ちどき界隈にて勉強会。ほとんど外回りの一日だった。
  19日(金)、朝9時から定例の会議。午前は会議2本。午後、来客2件、その他融合法制の打ち合わせ。知人に「最近、ご無沙汰じゃないですか」と声をかけると、「だって、タニワキさん、いっつも席にいないじゃないですか」と言われる。そりゃそうだ。夜は知人と会食。有意義。カープ単独3位。やった!
  20日(土)、朝から夜までかかってプラットフォーム研究会の報告書やら概要資料の修正、メール処理、原稿直し、大学院の関係の事務、来週の講演資料の修正など。結構進んだ。カープ連勝!快勝ではないか。秋だというのに5位か6位か?という状況でないのは本当に何年ぶりだろうか。素晴らしい!
  21日(日)、半日かけて経済セミナーの原稿を書く。その他、来週以降の講演資料を作る。午後は事情があって外出もままならず、自宅で料理。カープ残念。

追記  先日、品川を歩いていたら、遠征中のカープのトラックに遭遇。記念写真を撮った。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ