谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2008/9/24

インフォコモンズ  書評

 “ウェブ2.0”を越えたインターネットの姿を模索する議論があちこちで行われている。本書"インフォコモンズ"(佐々木俊尚著、講談社刊)は、そうした動きの中で“インフォコモンズ”(情報共有圏)という概念で包括的な整理を試みている。ネット上の情報がそれぞれ意味を持ち、有機的に結びつけられる世界。それをプルでなくプッシュで獲得し、それそれの共有圏は人的関係を抜きに、情報そのものを「立ち位置」として共有圏を形成していく世界を、豊富な実例を基にうまくまとめている。現在取りまとめ作業中の通信プラットフォーム研究会でのライフログの議論などともかなり絡む話のような部分も多い。良作。あえて注文をつけるとすると、まだこなれ切れていない部分が残らなくもない点か。しかし、それも新領域にチャレンジしているからこそ。次回作にも期待したい。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ