谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2009/1/2

おもてなしの経営学  書評

 MSでWindows95やIEの設計をしていたという中島聡さんの著作(アスキー新書)。前段の論考も面白く読んだが、後段のひろゆき氏、古川さん、梅田さんとの対談が秀逸。中島さんとは面識がないけど、同い年なんだね、タニワキと。インフラのコモディティ化、サービス開発の需要性、グーグルの立ち位置、ICTベンチャーの日米の違い、政府のリーチすべき範囲など、幾つか読んでいて参考になる部分があった。良い本だと思う。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ