谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2009/4/6

週刊タニワキ(4月6日)  週刊タニワキ

 30日(月)、朝、定例の会議。午前中、党PT関係の意見集約でバタバタ。党本部にて調整。何とか意見を反映していただく。午後、六本木ヒルズで打ち合せ。その後、汐留で打ち合せ。戻ってあれこれの資料チェック。夜、四谷にて知人と。
 いよいよiPhone用アプリとしてSkypeが出た。携帯IP電話の世界が始まってしまった。他方、Lモード来年3月で終了。あれ大騒ぎしたなぁと思い出す。結局、オープンの時代に向かう。オープンを受け入れ、その中でどう利益を確保するか(どこがコアとしてproprietaryを維持すべき部分か)を真剣に考えないといけない。オープン化反対という姿勢ではなく、オープンとクローズの組み合わせこそが重要だと思う。ここがなかなか理解されない。技術で勝って産業で負ける悪循環が生まれる。

 31日(火)、午前中は比較的落ち着いていた。来客1件、午後、東大にて打ち合せ。来客1件。ビジョン懇関連の資料作成。

 1日(水)、新年度。新人が挨拶に来る。あの時代からもう25年。朝、定例の会合。表参道にてビジョン懇関連の打ち合せ。午後、ハンガリーからのお客様。夕刻、ビジョン懇関連の打ち合せ。経済対策関連の動きが急。

 2日(木)、朝8時から勉強会。EHRやPHRなど医療の情報化について。各国とも苦労していることがわかった。10時から融合法制の検討委員会。盛りだくさんで活発な意見が出る。終わって、ビジョン懇関連の打ち合せ。議員会館に呼ばれる。予想外に長引く。戻ってモバイル系の作戦会議。目黒にてビジョン懇関連の打ち合せ。戻って来客3件。夜、虎ノ門にて知人と会食。

 3日(金)、午前中は来客1件。大臣レク1時間。経済対策関連の作業。午後、別件で再度大臣レク。恵比寿にてビジョン懇打ち合せ。戻ってビジョン懇資料の修正。融合関連の打ち合せ。経済対策も大詰め。桜もほぼ満開。

 4日(土)、午後国立へ。大学時代のクラブの同窓会。懐かしい顔。大学通の桜満開。ロシア・グルジア料理を食べる。美味。
クリックすると元のサイズで表示します

 5日(日)、朝ラン&ウォーク1時間。神田川の桜が満開。午後、中野で用事を済ませる。なんとかまとまる。北朝鮮、ミサイル発射。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ