谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2005/9/17

「融合するネットワーク」発売中です!  著作

クリックすると元のサイズで表示します
 拙著「融合するネットワーク-----インターネット大国アメリカは蘇るか」(かんき出版、1890円(税込))が先週発売されました。いざ発売されても、なかなか書店に並ばないものだと実感。しかし、発売から数日経つと、「あそこで見た」ぞ、とか、「ここで見たぞ」といった、まるで熊でも見てきたかのような情報をあちこちからいただいた。これは嬉しいものであります。
 自分でもどんな感じかと、週末に新宿の本屋へ。あらうれし。ルービン回顧録の横に平積みになっておるではありませんか。しばらく、すこし離れたところで別の本を見ながら、こっそりと誰か本を手に取る人がいるかどうか見てましたが、なかなか、それが。。。アマゾンではどんな感じかと見てみると、これまた、売り上げ順位2万なんとかとのこと、これまた気の遠くなるような数字であります。
 でも、仕事でお目にかかった方に「買いましたよ、本」と言っていただくと本当に嬉しいもの。ぜひお近くの書店で手にとってご覧になってください。自分で言うのもなんですけど、インターネット政策に興味のある諸氏には結構いけると思いますよ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ