谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2009/12/20

ジェフ・ハウ著「クラウドソーシング」(ハヤカワ新書)  書評

 この新書シリーズがなかなか興味深い作品が取り上げられる傾向がある。本書のクラウドは”cloud”ではなく”crowd”、つまり群衆の知恵を借りるということ。Tシャツの柄を群衆が考え、実現し、販売するスレッドレス・コム、研究開発を複数のプロジェクトに分割して群衆の知恵を使うインノセンティブ、写真の群衆知を活用するアイストック等、豊富な事例を基にクラウドソーシングを紹介する。

 本書も指摘するように、グーグルのページランクの仕組み自体、コンテンツの重要性を各ネットユーザーに判断させるクラウドソーシングと言える。しかし、そこには明確な目標の存在、正しい群衆の組成、適切なリーダーの存在等が必要になる。リーダーは群集を力ずくでコントロールできない。HD−DVDのコピープロテクション解除コードが掲載されたディグはその代表例だろう。キヴァなどのマイクロファイナンスの仕組みも、広い意味でのクラウドソーシングの仕組みだ。

 これまでとは全く異なる意思決定やコンテンツ製作コミュニティが創造されてくる。総務省で推進している「サイバー特区」でも、こうしたプロジェクトを何件か手がけている。日本でもクラウドソーシングの動きを加速化させたい。本書は、今後のネットビジネスやネットコミュニティを考える上で有益な一冊と思う。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ