谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2006/12/31

eコマース、やってます?  ブロードバンド政策

このタイトル、ちょっと韻を踏んでみました。駄目ですか?-----ですよね。それはそうと、通勤途上でNBCのニュースを聞いていてちょっと面白いのがあった。今年は米国のネットショッピングが最高の売り上げだという。

もともとアメリカのショッピングシーズンは11月の第四木曜の感謝祭の後に訪れる。感謝祭には親戚一同が集まって食事をして、その次の金曜の早朝6時くらいからデパートや家電量販店では凄い安売りをする。これをブラック・フライデーという。なんか大恐慌になりそうだが、このブラックというのは、殺到するお客さんでお店が大黒字になるという意味だとか。最近では待ちきれないお客さんが金曜になる前から並んでお店も早め(つまり金曜になる前の深夜)から空けることもあるとか。みんな感謝祭のパーティーの後眠らないでお店に繰り出すので、レッドアイド・サーズデーというのだそうな。

このブラックフライデーはクリスマス商戦に向けて号砲一発の景気付けという部分もあるのだが、今年オンラインショッピングの売り上げが4億3400万ドル、対前年比42%増だという。昨今のややバブリーな経済動向もその背景にあるのだろう。

さて、感謝祭のお休みが終わって皆な職場に戻ってくると、まだまだ購買意欲旺盛な皆さんは職場のパソコンで買い物をする。職場の方が高速ネット環境があるからこうした現象が起きるというが、多分、まだ休み気分が抜け切れていない、勤労意欲が出ない、といったこともあるでしょうね。で、この月曜のことをサイバーマンデーと呼びます。この言い方は本当に最近だと思うが、このサイバーマンデーのオンラインショッピングの売り上げは6億800万ドル、対前年比26%増だというから驚き。

クリスマスのパーティーも終わり、アメリカでは今、盛んにプレゼントの返品をしていることだろう。大きなお店の返品コーナーにはもらったプレゼントで気に入らないものを返して現金化する客の列が長くできる。最初から返品用のカードが入っていることもある。それでもやっぱり職場の同僚とかから貰ったギフトを近くの人と交換するとばれる可能性があるので、ネットオークションに出す事例が増えているらしい。しかし、そうして気に入らないプレゼントを処分して「気づかれた」と思っている人が約1割、それに対して「私のプレゼントを処分したのに気づいた」と回答している人が3割強という記事もあった。微妙な駆け引き感を残しつつ、新年へ。
0



2007/1/11  8:25

投稿者:Maya Wazumi

2006年は、わたしも随分ネットで買い物をしました。
直接買い物をしなくても、ネットで仕入れた口コミ情報をもとに、デパートで買い物をすることも増えたように思います。

バブルの頃、複数の男性に同じプレゼント(=ブランド物)をリクエストし、一つだけ手元に残して、その他は売る・・という若い女性の行動が話題になりましたが、ブログを拝読していて、それを思い出しました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ