谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/1/28

週刊タニワキ(1月22日)  週刊タニワキ

最近、いろいろやる事が多すぎて一週間何があったのか整理するのが大変。そこで、過去一週間にあったことを整理する「週刊タニワキ」というカテゴリーを設けてみた。

先週は22日(月)にモバイルビジネス研究会の第1回会合。大臣にご挨拶をいただき、モバイル市場の現状と課題について議論。23日(火)、接続委員会で接続ルール見直しの報告書案の審議。ここ数週間、入念にチェックしてきた報告書案。24日(水)、ネットワークの中立性に関する懇談会。とても活発な議論で参考になった。26日(木)、会計研究会。26日(金)、リックテレコム主催のセミナーでMVNOについて50分講演。聴衆は約350〜400名。熱気がすごかった。その後、事業部会。接続ルール見直しの答申案について審議し、約1か月の意見招請手続きへ。25日には通常国会開幕。

先週は忙しかったぁ。

付記 さっき広島の黒田が残留の理由を聞かれて、「他のチームになめられなくないから」と答えていた。ということは、今も相当なめられているということなのだろうか。広島ファンとして心中穏やかではないぞ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ