谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/2/3

週刊タニワキ(1月29日)  週刊タニワキ

29日(月)、ユニバーサルサービスの将来像に関する研究会の第1回。ユニバーサルサービス制度は、私自身、それまでずっと「検討課題」とされてきたのを、5年前の審議会答申で初めて制度設計し、法改正まで直接携わってきたので結構わかっているつもりだが、市場の変化は本当に早い。国民利用者の皆さんに関心の高い課題でもあるので、慎重に検討を進めていきたい。

30日(火)、自民党の電気通信調査会を傍聴。携帯電話と国際競争力についての議論。2日(金)、モバイルビジネス研究会第2回会合。谷口政務官も会合全体に出席いただき、議論にも参加。関係者から真剣な議論が展開された。とても有益だった。今週は比較的バタバタしなかったが、なぜかモバイルビジネス関連の打ち合わせがほとんどで、モバイルビジネス・ウィークとなった。

付記 それにしても暖かい日が続いている。DCでは冬場は零下20度とか経験して、朝、町内をウォーキングしていると肺が寒さで痛くなったのをよく覚えているが、地球温暖化はかなり深刻なのかと嘆息。オフィスの廊下の電気も省エネ。人を感知すると点灯する仕組み。でも感知が遅いので、ほとんど真っ暗の中を進む感じがたまらん。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ