谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/2/17

週刊タニワキ(2月13日)  週刊タニワキ

13日(火)、MVNO事業化ガイドラインを公表。見直し案へのご意見約80項目について考え方を整理して同時に発表。

14日(水)、来週発売のIP競争ルール懇報告書の出版(日本評論社)について最終打ち合わせ。タイトルは「次世代インターネットの競争政策」。午後、LRIC研究会、WGでの検討を踏まえて活発な議論。久しぶりに非公開の会議。IP対応のLRICモデルの可能性などで議論白熱。その後、あわてて自民党電気通信調査会。携帯と国際競争力について、KDDIとNECからの説明・質疑。なかなか興味深いやり取りであった。

15日(木)、午前中にモバイルビジネス研究会第3回。引き続き活発な議論。午後、DC時代のアメリカ人の旧友が来訪。小人数の打ち合わせの多い1日。

16日(金)、午後に日経BP社のMVNOセミナーでプレゼン。帰ってきて、新しい競争ルールの作業部会。今回の作業部会、途中まで地味な議論だったが、後半は盛り上がってよい議論。独占禁止法と電気通信事業法の関係の概念整理など。

追記 いやはや忙しい1週間で、金曜にはバテバテ。そんな貴方にお勧めしたいのが野球。カープのHPでオープン戦の日程をチェックして手帳へ転記。そろそろシーズンだ。応援グッズのお手入れなど忙しいぞ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ