谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/2/25

「次世代インターネットの競争政策」出版!  著作

クリックすると元のサイズで表示します
 昨年9月にまとめられたIP競争ルール懇談会報告書が一冊の本になって、日本評論社から出版されました。タイトルは「次世代インターネットの競争政策」で、IP競争ルール懇談会の座長であった林敏彦先生に監修をお願いし、私も、「激変する市場環境と通信器競争政策の新潮流」と題して、竹中大臣懇あたりから新競争促進プログラムに至る議論の流れなどを整理して解説しています。これに続く報告書本文も、図表などを再整理して、用語解説も新たに執筆して、全体としてコンパクトにまとまっています。補論として、これまでの電気通信競争政策の経緯も簡単にまとめています。こういった政策の経緯的なものは、これまであまり無かったこともあり、参考になるのではないかと思います。
 日本評論社のHPやアマゾンなどでお買い求めになれます。ぜひ一度お近くの書店で手にとってみてください。コンパクトにまとまっていて「お買い得」!
0



2007/2/25  18:06

投稿者:

谷脇さま
本の出版をおめでとうございます。ゼミの学生にもぜひ読ませたいと思います。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ