谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/3/17

週刊タニワキ(3月12日)  週刊タニワキ

今週は論点整理を地味に進めつつ、後半は会議で関係者の皆さんのご意見を承ってとても触発されました、の1週間。

14日(水)、ネットワークの中立性に関する懇談会の第4回会合。オブザーバーの皆さんからのプレゼンの最終回。いろんな視点が提示された。終わった後、「この議論、どうやってまとめるんですか?」と聞かれる。わらかん。。。

15日(木)、参議院総務委員会でモバイルビジネス研究会の質問。質問が出ると朝早くの説明会に出なければならないので早起きした。政府控え室でお結びをムシャムシャ食っていて、白い眼で見られる。午後、会計制度研究会。こちらもプレゼン。結構論点が明確になってきている印象を持った。議論がかみ合って来ている。こちらも、そろそろ論点整理に入っていかなければ。

16日(金)、新しい競争ルールの在り方に関する作業部会。かなりコアの議論に入ってきた。会議室が暑くて意識を失いそうだった。構成員や傍聴の皆さん、どうもすみません。

追記 「最近、なんかブログが身辺雑記になってない?」と言われます。そうです。なってます(キッパリ)。これ、楽なんですね、1週間単位で手帳見ながら、「今週もきつかったなぁ」なんて思いながら書くのは。
 先週、プログレの事を書きましたら、数名の方から「やはりクリムゾンのスターレスは最高だ!」とか「ピンクフロイドが出てこないとはどういう了見だっ」などのメールが寄せられました。プログレファンはあちこちに生息しているんですね。うれしい限りです。ディスクユニオン新宿プログレッシブロック館で会いましょう!
 今週月曜にあんまり肩こりがひどくてつらいので、夜プールへ。夜10時まで新宿区民スポーツセンターが開いている。民間委託になってサービスも格段に向上しているような気がする。久しぶりに水泳して、あらら、スッキリ。火曜からガンガン飛ばしました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ