谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/4/4

週刊タニワキ(3月26日)  週刊タニワキ

26日(月)は情通審接続委員会。27日(火)は自民党電気通信調査会(モバイル関連のヒアリング)を傍聴。28日(水)はIP端末研究会。29日(木)はユニバ研の第2回。検討アジェンダの改定と諸外国の動向を中心に有意義な議論。29日(金)は情通審事業部会。H19接続料や接続ルールについて答申をいただいた。

今週も会合のほかに打ち合わせや説明多数。バタバタしてしまった。

追記 さぁ、いよいよ4月。地下鉄でも新人君たちを見かける。気分一新でがんばりましょ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ