谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/4/16

赤い指  エッセイ

東野圭吾「赤い指」を読む。小説を読むのも久しぶりだったが、文章が読みやすく、簡潔で要を得た記述。内容は読んでのお楽しみだが、前半からの仕込みが後半で畳み込むように効いてくる構成力、ほろっとくるエピソードの数々に感銘を受けた。もともとミステリーを読み始めたのは東野圭吾の作品から。彼の作品は個人的にはものすごい傑作とまったく読む気のしない作品に大別されるが、この「赤い指」は傑作。最後は電車を降りて、そのまま駅のホームで通読してしまった。。。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ