谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/7/17

新刊「インターネットは誰のものか」発売!  著作

ネットワークの中立性を巡る様々な議論をわかりやすく解説した本を出版しました。ネット中立性については1〜2年前からいろいろ注目されてきましたが、全体を見通したものがないことから、休みをすべて潰して約4か月にわたって執筆しました。一般のビジネスマンが電車の中で気楽に読める感じで書きましたので、ぜひ、皆さんも書店で手にとってみてください。よろしくお願いします!日経BP社刊、1890円(税込)です。アマゾンからのご注文はここをクリック!
クリックすると元のサイズで表示します
《雑誌などで本書が紹介されました!》
■日経ビジネス「新刊の森」欄(07年8月20日号)
■月刊テレコミュニケーション(07年8月号)
■日経コンピュータ「BOOKS」欄(07年8月20日号)
■週刊アスキー「WAM BOOK(今週の新刊)」欄(07年8月21/28日号)
■日刊工業新聞「著者登場」(07年9月3日)
■日経NETWORK「読書の時間」(07年10月号)
■ネットワークワールド「From Booksellers」(07年11月号)
■日本経済新聞「読書」欄(07年9月23日)
■月刊アスキー「OFFLINE書籍要約」(07年12月号)
■週刊東洋経済「ブックレビュー:今週のお薦め」(08年1月26日号)
■読売新聞夕刊「経済図書室」(08年3月25日)
0



2007/7/9  15:03

投稿者:クロサカタツヤ

前職のMRI在籍時にv6関係でお世話になりましたクロサカです。
出版おめでとうございます!早速取寄せ、先ほど読了しました。僭越ながら、同じような問題意識をお持ちだと思い、心強く感じました。ご指摘の通り、「インターネットの成長に合わせた新たなルール」をインターネット・コミュニティ自体が作り出せていないことが齟齬の要因だと思います。
一方で、インターネットがこの10年果たしてきた「新しい産業や社会のインキュベーター」としての役割が、今後より必要となるとも思います。その意味で、カッチリした制度を作るというよりは、制度を状況に合わせられるようアドホックにアップデートできる「制度の維持・メンテナンスの仕組み(PDCAのようなもの?)」もあったらいいな、と勝手に夢想しております。
このあたり、現在CNETでBlogを執筆したり、インプレスのIPv6styleで連載しながら、あれこれ追いかけておりますが、谷脇さんのご活躍はいつも刺激になります。今後ともご健勝されることをお祈りしております。

http://blog.japan.cnet.com/kurosaka/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ