谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2006/1/1

謹賀新年  エッセイ

 あけましておめでとうございます。2006年の幕開けです!
 昨年は前半はワシントンDC、後半は東京での暮らし。3年ぶりの日本の生活にもようやく慣れてきました。昨年9月にはアメリカ暮らしの総決算として自著「融合するネットワーク---インターネット大国アメリカは蘇るか」(かんき出版)を刊行しました。売れ行きは今ひとつですが、日本経済新聞の書評に取り上げていただいた他、雑誌「Gainer」などでも取り上げられました。
 仕事面では昨年8月に料金サービス課長に就任し、「IP化の進展に対応した競争ルールの在り方に関する懇談会」を設け、テレコム分野の新しい競争政策の検討を始めました。今年もこの懇談会を中心にIP化時代の競争ルールの在り方を検討していきたいと思います。
 私生活の面では、今年も引き続き「減量」がテーマです。「脱毛予防」はこの際あきらめて、「減量」一本で参ります。これが今年のNew Year’s Resolutionであります。
 2006年が皆様にとって、これまでで最高の1年になりますように。そして、戦争や紛争、貧困や憎しみのない世界が早く実現しますように。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2006/1/4  10:44

投稿者:ゆずゆず

プロペシア実践中です。さあ、ご一緒に。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ