谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/12/16

週刊タニワキ(12月10日)  週刊タニワキ

10日(月)、午前は定例の会議。午後も国会や議員会館などをウロウロして、午後5時からブロードバンド推進協議会のコンファレンス。NGNがテーマ。いろんな人が来ていて面白い会合であった。11日(火)、雑誌のインタビューほか取材数件。夕刻、接続委員会でNGN接続ルールの審議。全体の俯瞰が終わったという感じで中身はこれから。夜、古くからのアメリカの友人と居酒屋。アメリカにはビッグマックないんだって。日本はなんだって大盛だぜ、俺達デブの天下だぜ、と言うと、なぜかメガ牛丼のことをニュースで知っていて大笑い。12日(水)、海外からのお客さんを含め、打ち合わせが幾つか。地味に来週の会議の資料をシコシコ作る。13日(木)、引き続き地味に来週の資料をシコシコ作る。夜、コンテンツ系の人たちと意見交換。モバイル系の世界では、そんなことまでやってるんだぁという現場の実態がよくわかった。14日(金)、来週の会議の資料の説明をあちこちに。プログレ繋がりのジャーナリストTさん来訪。仕事をそっちのけで話し込む。奇妙な連帯感。夕刻、新宿にてMVNO関連の勉強会でプレゼン。熱い議論に結局2時間くらいあっという間に経ってしまう。とても有益だった。15日(土)、黙々と年明けに立ち上げる研究会関連の資料作成。

追記 

1 先週金曜、六本木ヒルズの講演を終えた私の目に飛び込んできたのは「ウルトラマン大博覧会:Roppongi天空大作戦」というポスター。ウルトラQから初代ウルトラマンの時代を生き抜いたタニワキ“シュワッチ”少年(運動会とかで紅白の帽子のヒサシを立ててウルトラマンゴッコをやったもんよ)としては、これだけは欠かせない。昨年7月の岡本太郎美術館「ウルトラマン伝説展」も良かったが、これも期待できる。というわけで翌土曜に会場へ。怪獣回廊に続き、シリーズごとに展示してあるのがとても良い。充実していた。ついでにミッドタウンのサントリー美術館の鳥獣戯画も見る。本当にこれが数百年前のものか。まったく古くない、というか、人間なんてそんなに進歩してないんだなぁと感じる。

2 柄にもなく、なぜか六本木づいてしまって、ミッドタウンのBillboard LiveでBobby Caldwellのコンサート。うまい!ステージングも最高。でも食事をしながら見るステージ(タニワキは金がないので最上階5階の天井桟敷にて鑑賞)で会場が薄明くて集中できない、しかも入れ替え制なので75分のステージはやや不満が残った。写真はミッドタウンのイルミネーション。青色LEDはなかなか良いねぇ。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ