谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/12/31

週刊タニワキ(12月25日)  週刊タニワキ

 結局、先週の三連休も出勤。25日(火)、フィルタリング関連、プラットフォーム関連など打ち合わせ多数。本日から気合いを入れて長い原稿を書き始める。26日(水)、フィルタリング関連の会合に出席。取材、打ち合わせが続く。27日(木)、所要で春日部往復。打ち合わせとか年末のご挨拶とかで小刻みに時間が過ぎる。2.5GHz帯事業者の登録条件付与の方針を発表。記者クラブ納会。28日(金)、引き続き、年末なのに来年始めるプロジェクトの説明、打ち合わせとか年末のご挨拶。夕刻、電気通信事業部まとめて年末の納会。そのあとDC時代の友人と夕食。新宿はすごい混雑。29日(土)、融合関係の外国の動向を整理したり、プラットフォーム関連の資料作成。30日(日)、前日に引き続き黙々と仕事。。。来年は忙しくなりそう。では皆様、よい年をお迎えください。

追記 手帳を新年のものに差し替える。今年の講演の回数を数えてみたら50回を越えていた。週1ペース。いつも同じ内容で、皆さんすみません。はい。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ