種から育てる熱帯花木

 

カレンダー

2021年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ワカドン
肥満人様、よきアドバイス、ありがとうございます。
試してみようと思います。
投稿者:肥満人
「ワカドン」のピスタチオ発芽に刺激され・・私もイッチョ挑戦してみることにしました。ホームセンターで、例の『森の木の実』を2月1日午後にゲット。早々「メネデール希釈液」に就寝時間〜明朝まで漬けておき・・私の場合は、日本以外の植物は強酸性土壌だろー♪と思ってまして「ピートモス&パーミキュライト」をジップロック(ビニールの密閉袋)に入れ熱湯をかけ・・冷めたら、よく絞り・・そこに一晩漬けておいた「ピスタチオ」20粒を埋め込み・・昨日、めでたく発芽しました。確立は高く・・20粒中19粒でした。「ワカドン」の記載によると・・《ピートを水でふやかして。。》とありますが・・それでは雑菌が そもそも入っていても不思議ではありません。少しの違いですが、少しの気遣いで、結果に大きな影響があると思われます。また・・私の独断と偏見から・・《種が地上に出るまでは空気は要らない!》と思ってまして・・ピスタチオをジップロック内に埋め込んだ後・・密封する直前に、自分の息を入れて膨らませ・・完全に閉じて、後は芽が出るかどうかの観察は、透明に膨らんだ袋の外部から袋に触れずに、もちろん空気の入れ替えもせず、発芽観察ができます。芽を出させたいのであれば、「それなり」のチョッとした気遣いで発芽率を高めることができそーです。申し送れましたが、私は東京・多摩地区に住んでいます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ